ひげすずめのときどき日記

higesuzume.exblog.jp

8月16日のカワセミ 久々にカワセミだらけ

8月16日の日記を、18日に書いております。
夏休みの宿題を終盤にまとめてやっつける小学生みたいですね。

さてさて、16日は、前回の雛祭り以来のカワセミいっぱい居るぞ!状態の池でしたが、
撮影者は私と、Nikonの300mmを手持ちでさばいておられるご婦人の2名だけでした。
何回かお話した事がありますが、この方の被写体はカワセミではないそうです。

a0203733_2063934.jpgカワ男君の子供の雛ちゃん。
って、もう立派なカワセミに成長しているように見えるので若鳥と呼ぶことにします。
a0203733_2064815.jpg朝から激しい雨が降ったので濡れてしまって毛を膨らましているのでしょうか。この子はいつもは見ない、初めて見る子ですね。
近くの池か川から来たのでしょうか。ひげすずめは丸っこい姿のカワセミが好きです。
a0203733_2081424.jpg対岸では別の若鳥が水浴びしています。この子もカワ男君の子供ですね。
最近、若鳥と親がたまたま近くに寄らない限り争う事が無いですね。
テリトリー主張の程度には時期による変化があるのですかね。
a0203733_2082415.jpg池の人気者カワ男君も登場。今日はプレゼントスタイルで魚咥えてますね。すぐに大きな池の方に飛んでいきました。
その後、嫁さんのカワ美ちゃんと2羽で何度も飛来したのですが、カワ美ちゃんは人の近くには留まってくれないので1枚も撮れませんでした。
猛スピードで、しかも蛇行しながら飛ぶ2羽を捉えられないだけなんですが...

a0203733_208337.jpg南の柳のさらに南側でJ枝付近と藤棚前の岩の両方を狙える位置に移動すると、全く反対側の北の方がなんだか騒がしいです。
若鳥2羽が杭に留まっていますね。1羽のようですが、よーく見ると2羽居ます。
ということで、私もそちら側に機材抱えて移動する事にしました。
a0203733_2084857.jpgこの2羽は先ほどから池に居る仲良し兄弟ですね。最近になってまた2羽で居るところを頻繁に見るようになりました。
池を挟んで2羽で鳴いて呼び合ったりもしています。
4羽居た雛達のうちの2羽は、たまに戻ってくるというよりは、完全に居ついちゃってますね。
この池は居心地いいんでしょうね。
a0203733_209064.jpg若鳥2羽は交代ごうたいに飛び込んでは戻ったりしていますが、この絵の中には更に1羽居ました。右手の若鳥の向こう側に居ますね。
a0203733_209910.jpg右手の若鳥が飛び去ると全身が見えました。本日6羽目ですね。ずいぶんと幼い巣立ちしたばかりの子ですね。親はどこ?だれ?

a0203733_2091966.jpgこの石垣を正面から見れる、池を挟んで向かいの木陰に移動して、しばらく若鳥達を見ていましたが、
a0203733_2092833.jpg蝉、声でかすぎ!耳元でジージー。この蝉が鳴いているのかどうか分からないくらいの大合唱で頭がくらくらしてきそうで、カワセミをたくさん見れて満足したので帰ることにしました。
蝉は近すぎて500mmでは合焦しなかったので400mmくらいで撮りました。
こういう時はズームは便利ですね。
by higesuzume | 2011-08-16 20:04 | カワセミ