ひげすずめのときどき日記

higesuzume.exblog.jp

手持ちでぶらぶら2

11月3日、少し曇りがちですが、再び手持ちでぶらぶらしてみました。
池の状態は相変わらずなので、川を中心にカワセミ追っかけです。
結構近寄らせてくれました。
50D(APS-C)+500mm画角でトリミング無しでこれくらいに写る距離。
後から池に寄られた☆☆K's fun♪☆☆のkatsuさんにモニター画面で
見ていただいたら、綺麗な色で撮れてるね、と誉めてくださいました。
素直に嬉しいひげすずめ。
a0203733_2053959.jpg

これぐらい近いとトリミングすると睫毛も解像してるかな?とdot by dotにしてみると、
うーん、駄目ですね。
アンシャープマスクをガリガリにかけてみましたが、却って不自然な解像感になってしまいました。
流石に手持ちだと、SS1/160秒では奥行きピント方向も含めてブレを吸収しきれないようです。
他にも原因があるんですけど、それについては悩み中で、またの機会に書くとします。

拡大してみて思ったのですが、この子、カワ男君にそっくり。
もしかしてカワ男君本人(本鳥)?、帰ってきたのかな?
もしそうなら一大事、皆に知らせないと。
もう少し観察しないと同定する自信がないので、4日も時間が作れたらこの子を探して
撮ってみることにしましょう。
a0203733_20531967.jpg


渓流ではないその辺にどこにでも在る人の手が入った川なので、
こんなところにも留まります。
結構絵的に気に入りましたのでアップ。
a0203733_2054123.jpg


同じ川でも、このような石の上に留まってくれると、いかにも渓流を舞う
宝石っぽく見えますね。
全然舞ってませんが、そこは突っ込まないでください。
a0203733_20542664.jpg


これらの石も川に生物が住めるようにと、意図的に置かれているんですね。
a0203733_20543947.jpg


でも、次の写真みたいに、いかにもコンクリートな所に留まるよりはずっと良し。
この子は上の子とは違う個体ですが、川に2羽居ることに気付いてなくて翻弄されました。
西の方に飛んでいったな、と思った直後に東の方からツィー!と聞こえるものですから、
凄い動き方しとるなと驚いたのですが、2羽を交互に追っかけていたわけでした。
a0203733_20545162.jpg


あとは、なんだか秋らしさを感じるものを、川沿いで撮ってみました。
a0203733_20533779.jpg
a0203733_20535356.jpg
a0203733_2055446.jpg
a0203733_20551832.jpg

by HigeSuzume | 2011-11-03 20:51 | カワセミ