ひげすずめのときどき日記

higesuzume.exblog.jp

青空とカワセミ ー侵入者ありー

今日は気持ちのいい青空の元、カワセミ撮影を楽しめました。
まずは、いつものカワ男君、青空をバックに。
見上げる角度で撮るのは久しぶりですが、やはり背景が抜けると気持ちいいです。
SSも1/1250まで上げられたので手持ちでも撮り易いし。
でもなんかピンが甘いかも。
a0203733_189254.jpg


もう少し寄って撮ったものを大トリミングしてみました。SS稼げるとぶれにくいので、大トリにしてもなんとか見れる写真になりますね。
こちらはちゃんとピン来ました。
a0203733_1884337.jpg


この後、カワ夫君はいつもの隠れ家に入ってしまいました。
近所にお住まいの方とカワセミの話をしておりましたが、この辺りはカワ夫君の縄張りで、その雄がいつも1羽で居ますよ、などと話していた尻から侵入者あり!
いつものフィアンセちゃんではないようです。
ノートリで下の画の大きさに写るくらいに近づいても平気な雄です。
この性格からして、4月に孵ったカワ夫君の子供でしょうか。
なんとも、鳥類図鑑に書いてある絵風の格好と構図の絵になりましたが、撮影成功。
a0203733_1875836.jpg


顔の表情が分かりませんので、画像をレタッチしてみました。
なんとなく、指名手配写真風になってしまいましたが...
うーん、カワ夫君に似ているような、似ていないような、どうでもいいような。
頬のオレンジ色の毛の部分の輪郭は似ているようにも思えます。
この子が鳴きながらカワ男君の隠れ家の前を飛んでも、カワ男君は無関心で、何の反応も示さないのが不思議でした。
a0203733_187156.jpg


この子が別の場所で、魚を狙っているのを見つけましたので、青空バックで撮影してみました。
獲物探しに集中しているのか、背後から近付いても、全くこちらを見てくれません。
a0203733_1864451.jpg


もっと寄ってみると横構図では画面に収まらなくなったので、縦で撮ってみましたが、非常に難しいです。
少し目が見えたところを撮ってみましたが、意図したところにピントを合わせられません。
a0203733_186715.jpg


あたふたしている間に、飛び込んでエビを捕って去ってしまいました。
後で確認すると、こんなところにピント合ってました。
a0203733_1854132.jpg


大きく見上げる角度では脇が空いてカメラが不安定になるので絞りたくないし、画面が揺れてフォーカスポイントをコントロールできないし..
晴天時でも三脚が必要になるシチュエーションに気付けたので良しとしましょう。
それと、カワセミが近いと中央1点測光だとカワセミの体の部分によって露出が大幅に変わってしまうので、近い時は中央重点評価測光の方が良さそうとということにも気付きました。
by higesuzume | 2011-11-26 18:35 | カワセミ