ひげすずめのときどき日記

higesuzume.exblog.jp

蹲踞にて・若草山にて

a0203733_2217562.jpg

以前に日記に書いたことがある蹲踞でヤマガラが水浴びをしている写メをいただきました。
他にもいろいろな鳥が来るらしいので、午後から行ってみました。

来てくれたのはシジュウカラでした。
なかなかラブリー♪
a0203733_2218544.jpg


入浴中を失礼いたします。
お湯の加減は如何でございますか?
a0203733_22351822.jpg


水しぶきバッシャバシャ。
こちらまでしぶきが飛んできそうです。
a0203733_22181512.jpg


さっぱりしたのか、飛んでいきました。
a0203733_22185028.jpg


しばらくしたら、またシジュウカラがやってきまして、少し暗くなってきたのでスローシャッターで。
a0203733_2219199.jpg


最近、某よそ様の家庭内で、奈良の夕焼けの風景は、若草山の上から撮るのが良いのか、
平城旧跡から撮るのが良いのかという興味深くも不毛な議論がありまして....
ひげすずめとしては、どちらでもいいんじゃないのって感じなんですが、それでも敢えて言えば、
やっぱりどうでもいいんですけど....
その事を思い出して、シジュウカラを撮った後に時間があったので若草山に行ってみました。

山頂には多くのカップルや、集団で写真をとっている(写真教室のようでした)方達が居られました。
結婚の記念写真でしょうか、二人で持つ中空ハート形の中に夕日を入れて撮っておられるプロっぽい
カメラマンも居ました。
どちらさまか存じませんが、おめでとうございます。(新婦の着物の柄が何とかわかる絶妙露出)
a0203733_22191873.jpg


写真教室の方々は、鹿のシルエット写真を撮ろうという趣向らしく、鹿が動くと影踏み遊びみたいに
皆でその影を追いかけて右往左往されてまして、その光景はあまりに滑稽ってことでひげすずめも
その光景に溶け込むべく勝手に参戦!
意外に難しく、鹿のお尻が光ってしまいました。
何が難しいって、ほかの撮影者を無視して前に出る厚かましさが欠如しているだけなんですが。
これで、鹿がボロボロっとやってくれると傑作になること間違いなしなんですがね。
a0203733_22192967.jpg


今日は夕焼けも小焼けもまったくダメダメでした。
鳥撮りの帰りで超望遠を持っていましたので、かろうじて綺麗な色合いの部分だけを無理やりショット。
生駒山からはどんな夕景が見えているのだろうか?
a0203733_22195091.jpg


日没後は夜景を楽しむ方達が多く居ました。
夜景と空を撮るにはまだまだ明るすぎますので、引いた位置から夜景を眺める人たちを撮ってみる。
左端のあなた!動かないで、お願い!
a0203733_2220956.jpg


十分暗くなったところで、奈良盆地の夜景を撮ってみましたが、なんか光が少ないなぁ。
神戸のそれは100万$の夜景なんて言われていますが、奈良のはお幾ら万円くらいでしょうか?
a0203733_22202570.jpg


フォーカスずらして撮った写真の方が、なんだか良い感じ。
a0203733_22203822.jpg

by HigeSuzume | 2013-10-06 23:31 | ふらり風景