ひげすずめのときどき日記

higesuzume.exblog.jp

双六岳からの槍ヶ岳

a0203733_15224272.jpg

去年と同じ日程で出かけた双六岳、10月13日の午後。
双六岳山頂直下からの槍ヶ岳を展望する非日常的な景色は、ここは地球外ではないかと感じさせます。
どこを行っても良いようなものだけど、なぜか明瞭に刻まれた一本の踏み跡がそのまま槍の穂先まで
続いているようにも見えます。
この踏み跡を除いたすべてのものは、もう何千年も前から変わらず単調に季節を繰り返しているだけ
なんじゃないかと思わせます。

この大好きな景色の中を行く自分の写真が欲しいなと思っていました(ちょいナル?)。
同行のK氏にE-PM2と標準ズームの画角と露出を固定して預けて、自分は歩いてシャッターを切って
もらいました。
ワイコン(WCON-P01)は不要な画角ですが敢えて付けたまま。
これを付けていると、広角端であっても周辺解像度がかなり低下するように思えるのですが、
その方が主被写体の槍と人物が際立つんじゃないかと思いまして(相当ナル?)。

ここでは、OM-D遣いのソロの青年とカメラを交換して互いに同じような写真を撮り合ったりと、
結構な時間をとても楽しく過ごしました。
相当人通りがあるので、他人が入り込まない自分ひとりだけの写真を撮るタイミングがかなり難しいん
ですよね(ナル確定)。
by HigeSuzume | 2013-10-15 12:21 |