人気ブログランキング |

ひげすずめのときどき日記

higesuzume.exblog.jp

<   2013年 07月 ( 8 )   > この月の画像一覧

焼岳(新中の湯ルート登山口~中の湯新道~焼岳北峰~折り返し)

7月28日は焼岳に日帰り登山に行ってきました。
同行のK氏からは、今シーズン初の山歩きということで、足慣らしのため比較的楽な山を要望されました。
そこで、最近天候が全く安定しない中、たとえ眺望が得られなくても噴気を上げる山体自体が楽しめる焼岳に、最短ルートで登れる新中の湯ルートからの登頂を選択した次第。

山行用に最近購入したOLYMPUS PEN Mini E-PM2の山デビューでもあります。
ボディ以外には標準セットレンズの14-42mm F3.5-5.6 ⅡRしかありませんので、山で何が不足するのか確かめるにも良いでしょう。

新中の湯ルートの登山口には、給水できる施設もトイレもありません。
そこで、朴の木平スキー場駐車場で前夜泊して、早朝に身支度を整えてから登山口に向かう事に。
また、登山道の行程にもトイレや山小屋はありませんから、とっとと登ってとっとと帰るという計画で行ってみましょう。
0時前に着いた朴の木平の駐車場は気温15℃で、少し肌寒いくらいでした。

朝、駐車場でペットボトルに水を満たして、いざ出発。
(朴の木平スキー場第1駐車場と、第2駐車場でおいしい水を汲むことができます)

■6:15 新中の湯登山口から登行開始(標高:1620m)
a0203733_9495661.jpg登山口は安房トンネル長野側出口を出たらすぐの交差点を安房峠(158号線)に入り、10号カーブを曲がった先にあります。
私たちは6時前に着きましたが登山口直近の駐車エリアは既に満車でした。
11号カーブまでの間の数か所に駐車できる場所があり、私たちは登山口から100m位の所に停める事ができました。

a0203733_950139.jpg登り始めてすぐに、安房峠から転落したまま放置されている古い車の横を抜けると、本格的に登り始めます。
急登というほどの斜度ではありませんが、木の根やぬかるみが多く、暗い時間には歩きたくない感じの道でした。
写真は帰路で撮ったものです。
往路も十分明るかったのですが、撮った写真は使えませんでした(理由は後述)。

■7:26 開けた休憩場所を通過(標高:2000m位)
a0203733_9502777.jpg目指す焼岳を望むことができる平坦地では多くの方が休憩されていました。
ここまでの区間には大人数で集まって休憩できる場所はありません。
この辺りで中の湯ルートと合流する中の湯新道出合があるはずですが、見つけることはできませんでした。
中の湯ルートは整備工事中で通行止めと聞いていますので往来が無いのでしょう。
私たちは水を摂っただけで休憩せずに先に進みます。

a0203733_9504073.jpg平坦地を過ぎるとすぐに低木ばかりとなり、さらに進んで森林限界を抜けると噴気に晒される溶岩ドームが間近に迫ります。
この溶岩ドームと南峰の間の鞍部(ドームに向かって左側)に向かって指導標の○×は続いています。

a0203733_10554293.jpg溶岩ドームの際を行く登山者たち。
落石の危険が無いのか少し心配になりますが、これで正規のルートです。

■8:25 北峰、南峰の間の鞍部に到着(標高:2290m)
a0203733_9524833.jpg鞍部からは、ひげすずめがオジサン岩と勝手に命名した奇岩を間近に見ることが出来ました。
この岩を北峰の山頂から見ると、おじさんが頂にどっかと腰を下ろしているように見えます。


a0203733_95396.jpg深い緑色が綺麗な正賀池も見えました。
この辺りの岩稜はいつ形成されたのか分かりませんが、最近溶岩噴火を起こしたのは約2300年前と言われてますから、少なくともオジサンは2300年以上座りっぱなしで正賀池を見下ろしているのでしょうか。
オジサンの足元の隠居穴火口は1911年の噴火で形成されたらしので、その時オジサンができたのなら、比較的若いのかも。102歳?

■8:40 北峰山頂到着(標高:2393m?)
a0203733_9533253.jpg溶岩ドームの南側を通過して、中尾峠からの登山道と合流して、山頂へは東側から登ります。(この間の写真を撮り忘れた)
山頂への取り付きで、今回の行程で唯一手で岩をホールドする必要がある段差がありました。
写真は山頂から少し南側にある噴気孔を見下ろしたところ。

a0203733_9534736.jpg登頂記念写真も撮り忘れていたので、愛機E-PM2をKさんに渡して撮ってもらいました。
山頂標には標高は2393mと書かれていますが、2444mだとする説(出典は国土地理院発行火山基本図焼岳らしい)もあるようです。
どっちが正しいのかなぁ?
登山口からは、多くの方が道を譲ってくれるけど、抜かれることはほとんどない程度のペースで2時間25分かかりました。
ゆっくり登る方は3時間半くらい見ておけば良いかと思われます。
また、早い人は1時間台で登れるそうです。

a0203733_954086.jpg山頂への道の左にある噴気孔を山頂からの戻り時に撮ってみる。
安山岩が硫黄で黄色くなっています。


a0203733_9541594.jpg北峰の山頂から降りて反対側の穏やかな稜線にもたくさんの噴気孔が見られました。
この辺りの地面は粘土質で、黄緑色に変色していました。

a0203733_9542829.jpg正賀池と北峰山頂を挟んで反対側には小さな池がありました(醇ヶ池)。
噴気孔からの噴気に巻かれるひげすずめ。
この撮影場所に行くときには滑りやすい粘土質の足場に乗っかっている石を落とさないように注意が必要です。
落とすと、中尾峠からの登山道に向けて転がっていきます。

■9:23 下山開始
a0203733_9544924.jpg来た道を戻ります。
中尾峠方面から往復する方も、ちょっとだけ中の湯方面に降りてみるのもいいかも。
オジサン岩が間近に見える鞍部まではほんの数分で行けます。

a0203733_955343.jpg鞍部でコーヒーを飲んでいるとみるみる内に雲に包まれてしまいました。
早く登って、さっさと帰るのが吉。

a0203733_9554513.jpgアカモノを撮ってみました。
写真は約倍にトリミングしたものですが、撮っている時にはどこにピントが合っているのか分かりません。
中央の一番大きい花の上側の花弁先端にピントを合わせたかったのが、後で確認するとこのとおり、合ってません。

■11:50 新中の湯ルート登山口着
a0203733_956620.jpgぬかるみが多い登山道だったので、靴はドロドロ。
運動靴で登っている子供も居ましたが、ぬかるみで浸水してグチャグチャになると思います。
また、少なくとも滑りにくい靴底のものでなければ滑って転倒しそうな箇所が何か所もあります。
滑落・転落の危険性がある場所は、残雪が溶けた後ならばありません。
靴を脱いで帰り支度をしていると雨が降り出しました。
さっさと下山して良かったです。

■12:28 はんたい玉子
a0203733_9565475.jpg帰りは安房トンネルを使わずに、安房峠を走って平湯の森温泉へ。
温泉に入る前にお約束のはんたい玉子。


さて、E-PM2の山での使い心地ですが、何といっても小さく軽いことはとても良いことです。
小さなバッグ(VANGUARDの2GO10)に入れて、バッグをカラビナでリュックの肩ベルト下端に繋いだ状態で歩きましたが、多少ぶらぶらするものの気になるわけでも、歩行動作の邪魔になるわけでもなく、さっと取り出して撮ってさっと仕舞えました。
ちゃんとシャッター切れさえすれば、出てくる画はあまり不満のない事は確認済ですし、山で使っても印象は同じでした。

ファインダーが無いのは、ひげすずめには致命的に不便です。
ひげすずめは近視かつ老眼なので、コンタクトレンズを入れた状態だと液晶モニターに表示されるSS等の細かい文字の情報が読み難いです。
なので往路の少し暗い樹林帯で撮った登山道や苔の写真はSSが上がらない事に気付かず、手振れで全滅でした。
撮った後の画をモニターで確認しても小さなブレはやはり確認できないし、山行では露出だけおかしくないかさっと確認して先に進みたいですし。
写真を撮り慣れた方ならこんな失敗はしないのでしょうがね。
用心してISO感度を上げておくなんて使い方もしたくないし。

また、花とか苔とかピントをシビアに合わせこみたい場合に、AFで合焦した位置が狙いどおりなのかどうかが判別不能でした。
こちらの問題はMFアシスト機能(この機能をONにしておくとAF合焦後にマニュアルでフォーカスリングを回すとフォーカスターゲットの枠の内側を拡大表示してくれる)を使えば多少克服できそうです。
ただし、花が風で揺れている場合などは、拡大表示している外側に被写体がフレームアウトしてしまうので使いにくいですね。

老眼を回復するのは無理なので、やはり視度調整機能の付いたEVFを追加する必要がありそうです。
ファインダーを覗いている方がカメラも安定しますしね。
ということで、超広角レンズの前に、まずVF4購入かな。


今回は出発前に朴の木平スキー場の駐車場で水を汲みましたが、高山方面から車で来る場合には他にも給水ポイントがあります。
a0203733_9573061.jpgR158笠根橋の横にある長寿水。
車2,3台を停められるスペースもあります。

a0203733_9571048.jpgR158覚明橋の手前にある覚明水。
こちらは喫茶パロットの駐車場をお借りすることになるので、営業時間中なら食事やコーヒータイムのついでに。
この水でコーヒーをたてると美味しいです。


3年前、2010年9月19日に、中尾温泉側から焼岳に登った時の写真も載せておきます。
この時は、鏡平か西穂高かに行こうとしたのですが、3連休中日とあって新穂高温泉周りの駐車場がどこも満車だったため、行き先を焼岳に変更したものです。
カメラはEOS50D+SIGMA 17-70mm F2.8-4 DC MACRO OS HSM。

中尾温泉から合掌の森中尾キャンプ場へ向かう細い道を登っていって、車止めの鎖の手前にあるスペースに駐車するのですが、数台分しかスペースはありません。
また、登山口の標高は1250m位で、焼岳までの距離も長いため、登りに4時間15分かかりました。
a0203733_9581667.jpg白水の滝展望台からの滝の眺め。
滝まで距離があるため、コントラストの甘い写真しか撮れませんでした。

a0203733_9583891.jpg展望台を過ぎると秀綱神社まで急登が続きます。
あまり利用されていない登山道なので、中尾峠までは他の方と会うことはほとんどありません。
静かな山行が楽しめますし、苔が綺麗です。

a0203733_959147.jpg中尾峠で上高地、西穂からの道と合流するので、ここからは人が多くなります。

a0203733_9592033.jpg溶岩ドームに向けて北側から登ります。
足場はザレていて歩きにくいですが、火山を登っている実感は、中の湯からのルートよりもこちらが上。

a0203733_1004128.jpg北峰山頂からオジサン岩を見つける。
おじさんが座っているように見えますよね。見えません?

a0203733_1005869.jpg帰路で撮ったヒカリ苔。
どこにあるのかは、登山道に「天然記念物 ヒカリゴケ」みたいな案内がありますのですぐに見つかります。
自ら発光している訳ではないので、日のさし方によっては光っては見えません。
また、案内のあるところの周囲の小さな岩のくぼみの中、あちこちにありました。
光っているように見えるように撮るのがものすごく難しかった記憶があります。

by higesuzume | 2013-07-28 23:46 |

週末はカワセミ探し

カワセミ探し、というよりもカワセミ撮影に向いた場所探し。
カワセミ自体は、家の周りの池や川あちこちで見ることができるのですが、
撮影に向いた場所ってなかなか無いものですね。

こんな場所は浅瀬で程よい大きさの魚も居るのでカワセミ好みの場所に思えますが、
a0203733_16371114.jpg


魚捕ってはいけないようなので、カワセミは来ないのかもしれません。
a0203733_16372290.jpg


撮影場所まで車で行けて、カワセミの出が良くて、背景が綺麗で、近くにトイレがあって...
なんて場所はなかなか見つからないものです。

土曜日夕方の空がきれいでした。
E-PM2+14-42mm F3.5-5.6 ⅡR
a0203733_16373341.jpg



7D+SIGMA APO 50-500mm F4.5-6.3 DG OS HSM
a0203733_16374588.jpg

カワセミ撮影用に望遠レンズ持って行って、カワセミ撮れずに夕焼け撮るのは、
とても疲れた気分になります。
by higesuzume | 2013-07-21 23:35 | ふらり風景

カワセミ見っけた!

最近、めっきりカワセミの写真を撮っていないので、家の近くで撮れる場所はないものかと、ふらりと散歩に。
歩きまくるはずなので、望遠レンズと一眼レフ、三脚は持たずにE-PM2だけをお供にすることに。

前から気になっていた桜並木のある川を捜索したが、見つからず。
a0203733_21595015.jpg


Nikonに望遠レンズを付けておられる紳士とすれ違いましたので、厚かましくも何を狙っておられるか
伺ったところ、カワセミとのこと。
やっぱり居るんだ、いかにも居そうな雰囲気ですものね。
よく留まる場所と撮影位置もご教授くださいました。

今日はカワセミに会えませんでしたが居る事を確認できたので帰ることに。
a0203733_2155425.jpg


で、帰り道の住宅地の中にある池の横を通りがかった時に、ツッチーチチチ...
E-PM2の最大射程42mmとデジタルテレコンx2で撮ってみました。
a0203733_2223927.jpg

周りは四方住宅だし、ここで望遠レンズ振り回すわけにはいきませんね。
それにしても、周り川もなく、ほかの池も無いこんなに小さな池にも居るんですね。
もっといろいろ探してみましょう。
by HigeSuzume | 2013-07-17 22:07 | ふらり風景

OLYMPUS PEN Mini E-PM2 試し撮り(5)

Zingbay師匠が数日前に苔の写真をアップされていたのを見て、苔好きなひげすずめも久々に
苔を撮りたいなと思っておりました。
そういえば、歩いて行ける秋篠寺には苔が沢山あることをふと思い出しまして、早速行ってみました。

本堂へは入場料が必要ですが、苔を見るだけならば本堂に通じる参道の周りの庭園が目的地に
なりますのでただで済みます。
a0203733_205151100.jpg

木漏れ日と苔生した地面の起伏が複雑な紋様を作り出しています。
a0203733_2052783.jpg

ローアングルで撮ると、大きさ感が分からないちょっと面白い画が撮れました。
a0203733_20522366.jpg

石は景石として置いてあるというよりも、ずーと昔からそこにありますって感じ。
a0203733_20523170.jpg

朽ちた切り株とひょろーんと伸びた若い木。
a0203733_20524699.jpg

苔って近くで撮ると、何を撮っているのかよく分からないような画が撮れて面白い。
a0203733_2053434.jpg

なんかもこもこした毛糸の先っちょに見えたり、
a0203733_20531335.jpg

山林を上空ぎりぎりから空撮したように見えたり。
a0203733_20533553.jpg

E-PM2とセットレンズの14-42mm F3.5-5.6 ⅡRだけで大分と楽しめましたが、
蚊が多くて、ひげすずめは全身十数か所をめった刺しにされてしまいました。


秋篠寺の周りの道はとても細いのですが、奈良交通の大型の路線バスが身をくねらして入ってきます。
(実際に車体がクネクネ曲がる訳ではありません)
a0203733_2054628.jpg

by HigeSuzume | 2013-07-11 21:39 | ふらり風景

ちびちゃん達

カワセミチビちゃんを撮りに行きましたが撮れたのは、
誰だこいつは?とりあえずは翅がないのでチビちゃんと、
a0203733_22151634.jpg


騒々しいヒヨチビ
a0203733_22153924.jpg
a0203733_2216416.jpg


1枚目の子は誰でしょう?ウマオイ?
by HigeSuzume | 2013-07-07 22:20 | ふらり風景

OLYMPUS PEN Mini E-PM2 試し撮り(4)

試し撮りといいますか、カメラに慣れる為に、さらにここのところの運動不足解消も兼ねて、
奈良公園へ散歩に行きました。
往復で10km程度なので散歩にはちょっと長い距離ですが。
ということでE-PM2にセットレンズの14-42mm F3.5-5.6 ⅡRと三脚を持って出発..
30分も歩くと暑さで汗だらだら。

カメラをぶら下げてうろうろしていても人目が気にならないのが奈良公園の良いところ。
同じような人たちがたくさん居ますからね。

たこせんべいに、たこが入ってなかったら外れだ。
いかせんべいに、いかが入ってなかったらやはり外れだ。
a0203733_16401168.jpg
でも、鹿せんべいに、鹿が入ってなくてもそれが仕様だ。
DEER COOKIEて書いてあるけど、鹿せんべいはCOOKIEというよりCRACKERだと思う。
実にどうでも良いことを考えてしまうのは、思ったより暑過ぎて思考がおかしくなったのかも。
その証拠に、この状況でDEERの文字がBEERに見えた。


襲い来る鹿から逃れるためには、もっともっと高い木に登らないと駄目です。
(この方には写真のブログへの掲載許諾をいただきました)
a0203733_1641492.jpg


色々撮ってみますと、なんとなく解像感が甘く感じます。
近くの静物や遠景を撮ってもそうは感じなかったのですが、今日撮った写真はすべて甘く感じました。
微妙にぶれているような気もしますが、日を改めてしゃきっと撮るにはどうすれば良いか探ってみます。
それと、鹿の毛並みが少しだけ赤っぽく写るような気もします。
WBだけで好みに調整できるなら現像時の調整は簡単ですが、どうなんだろう?
a0203733_16415279.jpg


下は今日撮った写真の中では比較的シャキッと撮れている方ですが、なんか甘いですよね。
a0203733_18515389.jpg


比較に出すのは、3年前に撮った大台ケ原の野生鹿。
カメラは、今回E-PM2を購入するに際して売却したEOS50D+EF55-200mm f/4.5-5.6 II USM。
焦点距離も違うので背景のボケとかは比較の意味はないんですけど、鹿がシャキッとしてる気がする。
a0203733_18521912.jpg
暑さにうだっている奈良公園の鹿と、高地に棲む野生鹿の品格の差?っていうのは奈良の鹿に失礼。
今日の絵だとあまり撮りたいと思えなくなってしまいますが、セットレンズはこんなもんと機材のせいに
する前に、使いこなしを工夫することにします。


ところで、ひげすずめは画像をレタッチしたりしなかったのですが、OLYMPUS VIEWER 2のアート
フィルターを試してみたところ、表現として結構面白い事に気付きました。
特にジオラマがお気に入り。
a0203733_16422433.jpg

奈良公園への往路で撮った大仏鉄道記念公園。
本当にちっちゃな公園です。
a0203733_16432068.jpg

by HigeSuzume | 2013-07-05 23:39 | ふらり風景

OLYMPUS PEN Mini E-PM2 試し撮り(3)

昨日に引き続きE-PM2での試し撮り。

どんより低い雲を背景に大極殿を広角端(14mm)で。
もっと空を広範囲に入れたいのですが、35mm換算で28mmの焦点距離だとこれくらいですね。
下がって撮れば建物は小さくなりますが、写る空の範囲は変わりませんから、より広角のレンズが
欲しいですね。(でもやはりもっと下がって撮れば良かった)
a0203733_217356.jpg


花をアップで撮るのに、望遠端の最短撮影距離で。
もっと寄れれば尚良しですが、山で見かけた花を記念撮影的に撮るにはこれで十分でしょう。
(後でExif情報を確認すると、38mmで映してました)
a0203733_218675.jpg


上の写真をトリミングしたもの。
もっと寄れるならば、こんなフレーミングで撮りたいという例。
まあ、ひげすずめ的にはブログにアップするには十分な画質に思えるし、L版に印刷しても
十分綺麗だと思います。
a0203733_218498.jpg


同様に、もう被写体は手当たり次第ですがカメムシ君。
カメムシ君のいかり肩にフォーカスを合わせようとしても、ライブビューでは無理で、後ろに抜けました。
なので、背中の適当な位置にフォーカスしています。
次回はAF枠拡大機能を試してみたいと思います。
a0203733_2182511.jpg


とても綺麗に撮れるE-PM2、もっと活かすにはひげすずめ的にはやはりLVFを始めに追加するのが
良さそうです。
AFのスムーズさや、出てくる画質は申し分なく思いますが、要らんものが写り込んでいたり、
あるいは再生してみるとイメージした構図とちょっと違う、といった撮り手側のミスを減らすには、
LVFを追加するのがよいのかなぁ、と考える次第。
by HigeSuzume | 2013-07-02 21:58 | ふらり風景

OLYMPUS PEN Mini E-PM2 試し撮り(2)

風景撮り用に購入したので、景色も撮ってみないとね。
ということで、時々カワセミを見に行くM池に、夕暮れ時に行ってみました。

この写真を撮るときに、ISO感度が200始まりなのに気付きました。
ISO100はないのね。
a0203733_20584543.jpg


日没前。
色は、空の青色が比較的あっさり目な感じ。
a0203733_2059854.jpg


縦構図も。
構図なんて偉そうに言ってるくせに、画面右下に意図していない枝が入っている(泣)
やっぱりファインダーを覗いて撮る方が、こういう失敗はしにくいですね。
a0203733_20592582.jpg


撮影したRAW画像をカメラのモニターで見ると、なんだか階調が大まかなような、ざらざらした
感じでがっかりしました。
特に夕日がさざ波に反射している部分のディテールとか。
しかしながら、PCで現像してみるとこんな綺麗に撮れていたんだって感じ。
上記写真のCanonでいうところのピクチャスタイル?はnaturalのままですが、
変な絵作りは感じられず、とても真面目な感じの絵が出てきました。
満足まんぞく。
(ブログにアップする時点で、容量削減のため相当ばばちくなっちゃうのは残念ですが)

ボディにやたらと操作ボタンが少なくて使いにくそうに思いましたが、今日のところ特に
まごつくことはなかったので、操作性も今のところ問題なし。

だいぶと気に入ってきました。


カワセミの声は一度だけ聞こえましたが、姿は見えず。
by higesuzume | 2013-07-01 22:04 | ふらり風景