人気ブログランキング |

ひげすずめのときどき日記

higesuzume.exblog.jp

タグ:カワセミ ( 70 ) タグの人気記事

バードソング&夢工房に行ってみた

5月4,5日に八方尾根にスキーに行ってきました。
4日は滑りましたが、5日は朝から天気が今一つだったので、スキーは止めて予てより行ってみたかった
穂高町にあるバードソング&夢工房に行ってみました。
ここでバードカービングの制作と販売をしている木彫作家の小坂さんのことは、いつもお世話になっている
喫茶パロットのマスターから数年前に聞いていて、ずっと行ってみたいと思っていた次第。
工房は、少しだけ主要道を外れた静かで落ち着いた場所にありましたが、スマホのナビソフトが正確に案内
してくれました。

工房に入ると、様々な鳥たちが出迎えてくれましたが、やっぱりカワセミを探してしまいました。
カワセミはたくさん居ましたが、こちらはとてもリアリティを追及した作品のうちのひとつ。
a0203733_13184828.jpg
細かい羽毛のテクスチャが気が遠くなりそうな作業を想像させる丁寧さで掘り込まれています。
カワセミ好きでなければ分からないような細部も繊細に表現されています。
超望遠で撮ってもなかなか分からない顎の白い毛の部分とか、目の周りの睫毛部分とかがどう
再現されているか気になる人は、実際に工房に行って見てみましょう。
光線の当たり方によってブルーにもグリーンにも輝き方が変化する背中、その色を表現する方法を
現在探している最中だそうです。
他にも拘り部分をいろいろ説明してくださいましたが、その辺りもここでは記さずに、行って、見て、話した
人だけのお楽しみ、ということで。


とても活き活きとした表情のキビタキ君。
a0203733_1394611.jpg
剥製にされた鳥獣は、冷やかな印象を与えることが多いですが、
ここの木彫の鳥たちの多くからは、今にも囀り出しそうな暖か味を感じました。
もっと寄って顔だけ見ても、やっぱりどうみてもキビタキです。
ちなみに、上の作品とは別のカワセミの顔を真正面から見ると、ちゃんと変顔でした。
本物のカワセミとにらめっこしたら瞬殺されますよね...ってしたことある人は少ないと思いますが。


梢の上で賢そうな表情で佇むフクロウを、枝から外して見せていただけました。
車と衝突死して転がっているフクロウみたいな恰好させてごめんなさい。
足裏に御注目。
a0203733_139152.jpg
枝に載せてしまえば見えない足指のひらの部分も手抜きなし。
この拘りが製品と作品との境界線、かな?
この拘りに価値を見出して作品の対価を払える人に出会えるまで、静かに梢で佇んでいます。


相当コミカルなものや、デフォルメされた鳥たちもたくさん居ました。
それらは、野鳥好きな方へのお土産や、あるいは絢爛趣味のない居間へ置く小物として連れて帰るのに
決心の要らないお値段でした。
もちろん細工はリアリティを追及したものよりも大幅に割愛されていますが、鳥の名前が分かる人ならば、
絶対に間違わないくらいに特徴が表現されています。
a0203733_13101328.jpg
この子はどう見てもシジュウカラですよね。
これがシジュウカラに見えないと、落ちが分からなくなっちゃいますもんね。
なので、(シジュウカラ)の表記は、洒落を完結させるのに冗長だと思う...


小坂さんはリアリティを追及した作品を作ると、逆にデフォルメした作品も作りたくなってしまうそうです。
また、男性客はリアリティにあふれる作品に関心を示すのに対して、女性客はデフォルメ作品を中心に
物色する方が多いそうです。
なんとなく分かる気がする。

で、ひげすずめが連れて帰ってきたのはこの子。
a0203733_13104027.jpg
さっそく居間の壁に留まらせました。
鳥好きな方があの工房の作品を見ると、このデフォルメフクロウ君の表情のようになること間違いなし。
by HigeSuzume | 2014-05-06 17:32 | 野鳥

なんか勘違いされている、かも..

今朝はえらく早く目が覚めて(昨夜のエリントンでのコーヒーのせいか?)、冷え込むとの天気予報だったので
面白い景色でも見れるかと早朝のM池に行ってみました。
カワセミ撮影スポットを覗きに行くと、どうも足元の土手に留まっていたようで、ツチチチチッ...と怒りながら
飛んでいきました。
池霧が出る訳でもなく朝焼けも無く.......
西の空の雲が少し朝日を反射しておりました。
こういう構図が好きです。
a0203733_18264487.jpg

ついでにO池も覗きに行ってみました、望遠持って行ってませんので、
E-PM2とMZD14-42の望遠端で撮ったものを大胆にトリミングして、
さて、カワちゃんはどこでしょう?
a0203733_18454718.jpg
木の枝には居らへんでー。

夏山の季節が終わるとめっきりアクセスが減る当ブログですが、E-PM2に関するページのアクセスが
異常に目立ちます。
”E-PM2”でググってみると、当ブログが何故かえらい上位にヒットするのが原因のようです。
検索キーワードの上位から山関係が減ってくると、いままで上位10個に入っていなかったので
分からなかったのですが、”カワセミ”で検索してくださっている方も居るみたいで...

それで、ふと不安になったのですが、まさか”E-PM2” & ”カワセミ”で検索して当ブログに来られてる方は
居ませんよね!?
一応検証してみようと”E-PM2” & ”カワセミ”でググると、がーん!トップ当選!!
当ブログに来ていただく多くの方、申し訳ございません。
E-PM2とMZD14-42でカワセミ撮るには50cm位まで寄らしてもらわないと無理です。
普通の距離だと上の写真のようになります...

いっそのこと、”E-PM2” & ”カワセミ”で来られる方の期待に応えるため、マウントアダプター導入して
SIGMA 50-500mm付けて、4/3でカワセミ撮るブログに特化してみようか...
by higesuzume | 2013-11-12 18:46 | ふらり風景

今日は良い天気

最近では珍しく2日続けて撮影に行けました。
池面に反射した陽に照らされて、おなかの色も綺麗に撮れました。a0203733_1050207.jpg

a0203733_10502785.jpg

明るくてSSを上げれる状況だったので、動きのある撮影にもトライしてみましたが...
画面の隅に何とか写った離水シーン。
a0203733_10503929.jpg

水柱にはなぜかバチピン、でもカワセミちゃんはまだ水の中でうっすらと色が見えるだけ。
ここはグッとこらえて飛び出しを見極めればいいのですが、堪えられずに連射開始してしまう。
で、水面に上がってきた後はピンを後ろに抜いてしまうという、カワセミ撮影初心者から未だ卒業できず。
a0203733_10504846.jpg

川でのエビの捕獲。
器用に体ひねるもんですね。
a0203733_10505826.jpg

a0203733_10511014.jpg

たくさん食べて満足したのでしょうか、まったり中。
a0203733_10512371.jpg

前被りの枝を避けれる角度を探そうと、ひげすずめが近くでがさごそしたのを嫌がって少し場所を変えられてしまいましたが、そこでも腰をおろしてさらにまったり中。
日差しがあると羽の色が変化してとても綺麗ですね。
a0203733_10513565.jpg


上の4枚と下の4枚は違う子なんですが、行動範囲が相当かぶっているので喧嘩するかと思いきや、相互に無視しているようでした。
頻度良く池に来るのは上の子で、下の子は川でエビばかり捕っています。
両方とも寄らしてくれる距離感がだいぶと分かってきましたので、次はもう少し良い写真が撮れるかな?
by HigeSuzume | 2013-01-31 23:47 | カワセミ

鳥見に行きました

今日は少し暖かかったので朝から、久々に池に行ってみました。
作業員がチェーンソーを唸らせて、池の横の立ち枯れた松の大木を切り倒す作業を
していましたので、池は諦めて横の川で鳥待ちすることに。

いつもの場所に、すぐに来てくれたカワセミちゃん。
ザリガニを捕まえて叩きつけておりました。
a0203733_16433891.jpg

a0203733_1643466.jpg

a0203733_16435542.jpg

冬のカワセミは丸っこく羽を膨らませていて可愛らしいですね。
これは食事後しばしまったりしているところ。
a0203733_16445085.jpg

キセキレイは近くには来てくれませんでした。
a0203733_1644692.jpg

あくまでカワセミ待ちですが、数羽居たジョウビタキの一羽が対岸で黒い実を食べている
ところが見られたので撮ってみました。
a0203733_16441691.jpg

a0203733_16442385.jpg

a0203733_16445927.jpg

カワセミが狩に使う飛び出し枝にモズくんが来ました。
モズって頭の模様がヘルメットを被っているみたいに見えます。
a0203733_16443150.jpg

ふと横を見ると、ヒバリビンズイ(ヒバリではなくビンズイであると佐保川のカワセミ様からご教授いただきました)がこちらに無頓着に歩いています。
a0203733_16444143.jpg

対岸の少し遠いところにはアオジも居ました。
a0203733_1645920.jpg

a0203733_16451676.jpg

鳥見にはいい季節ですね。
明日はもっと天気が良いようなので、早起きできたらまた行ってみようかな。
(多分、起きれない)
by higesuzume | 2013-01-30 17:07 | カワセミ

蹲踞にカワセミは飛び込むのか?

カワセミ観察もブログ更新も滞りがちでしたが、
近所のお寺の境内でカワセミがバッシャバシャ飛び込んでいるという情報を
いただいたので、大いに期待して早速行ってみました。
400円払って境内に入り、カワセミが飛び込みそうな水場を探しましたが、
池や川といった水場自体が見当たらず...
仕方ないので情報提供者のTさんに電話して場所を詳しく尋ねてみると、
参拝受付の横に水場があるでしょ、とのこと。
そこには、確かに蹲踞に水が溜まっておりまして...
なんと、ここにカワセミが飛び込むのか!?バッシャバシャ!!
検証のため10分程待機しましたが、カワセミが現れる前にいつもの池に移動しました。

長めの魚を捕まえて、飲み込むのに難儀しているカワセミ君。
a0203733_20131879.jpg
a0203733_20133881.jpg
a0203733_2014173.jpg

いつもの池ではいつもと同じような写真しか撮れないので、なんだかなぁ...という感じ。

先のお寺の住職さんに伺ったところ、その蹲踞にはシジュウカラやメジロは水浴びに
来るそうなので、ひょっとしたらカワセミも..来るのかも。
Tさんを疑っているわけではありませんが、別のKさんがカワセミを撮れたと言って送ってきた
写メを見ると、モズが写っていたという先例もあるので...
ひげすずめはモズもミジロも大好きではあります。
by higesuzume | 2012-11-18 23:09 | カワセミ

10月21日のカワセミ

同じような画しか撮れませんが、会えたからまあいいか。
a0203733_19433997.jpg

日曜くらいから暖かかったせいか、花を開かせてしまっている桜がありました。
a0203733_194476.jpg

久しぶりに夕方はM池に行ってみましたが、
近くには来てくれず、カワセミの居る風景的な写真を撮っただけでした。
a0203733_19571777.jpg

夕焼け小焼けのイトトンボ
a0203733_19442228.jpg

by higesuzume | 2012-10-21 20:00 | カワセミ

10月20日のカワセミ

3週間ぶりにカワセミの池に行ってみました。
キンモクセイの香りに満ちた池の畔から、グリーンバック(池面)のいい感じのところに
留まっている子を見つけることができましたが、写真に撮るにはあまりに真っ暗。
べたっとした色合いのカワセミちゃんになってしまいました。
a0203733_19165449.jpg

初夏にカワ夫君が巣立ち雛を連れてきていた柿の木にはたくさんの柿が実っていて、
誰かは分かりませんが、鳥さんのご馳走になっているようです。
突いているのは多分ヒヨ君だと思います。
a0203733_19172230.jpg


さて、池の周りには相変わらず3羽のカワセミ達が暮らしているようであります。
川の上流に居る川上君は相変わらず警戒心が強いようでした。
下流に居る子は撮れるところになかなか留まってくれません。
今日撮った池っちは撮らせてくれますが、もう少し明るい状態で撮りたいですね。
by higesuzume | 2012-10-20 19:39 | カワセミ

なんとなく物憂げな

10月になりました。
先週末は、台風の影響でとっても撮影できる感じではなかったので、HDの肥しに
なっている写真を整理しながら飲んだくれてました。
その後、自治会の役員総会に出てましたが、ひげすずめは酒臭かったに違いありません。
役員の皆様、ごめんなさい。
a0203733_2272342.jpg

何の脈絡も無く、在庫から6/10のカワ夫君。
カワセミって、表情と感情が豊かに思えるのが撮り飽きない理由のひとつかと思います。
ひげすずめの勝手な解釈ですが、この写真ではなんとなく物憂げなカワセミに感じます。
見上げた一瞬を捕らえた訳ではなく、かなりの時間ずーと空を見上げてじっとしているので、
何を思っているのかなぁ等と想像させられてしまうわけです。
おかげでまったく同じような絵が量産されてHD容量を激しく圧迫するわけですが..
雛を巣立ちさせた直後の時期で、かなり疲れ気味であることは間違いないでしょうね。

本当に動かないので、ISO200に感度を下げてSS1/50秒で撮ってますがブレれてませんね。
また、この時は少しでも解像感を上げたいので450mmまでワイド側に引いて撮ってみました。
お腹の毛の下にちょろっと出ている足が可愛いです。(ペンギンみたい)
by higesuzume | 2012-10-01 22:30 | カワセミ

9/23のカワセミ

タイトルからしてネタ切れ状態を示している訳です。
先週末撮ったカワセミの大トリ画像でもアップしておくことにします。
9/23のカワセミ君
a0203733_2212558.jpg
a0203733_22132016.jpg

9/22は、ここのすぐ傍の枝で大きく伸びてました。
近くに他の子が居るはずです。
a0203733_22194814.jpg

で、他の子が同じ枝に飛んできて闘いになったのですが、肝心なところが撮れず。
背景が良くないので、何とか綺麗に撮れる角度を探してごそごそしている間に
2羽目がやってきて、一瞬の闘いの後2羽とも飛び去ったので、撮れなかった次第。
欲張らずにそのまま待っておくべきだったと反省。
by higesuzume | 2012-09-26 22:29 | カワセミ

カワセミ三昧 最終日

天気が崩れるという予報は外れて晴れ!
池の様子はとりあえず確認してから、予定通り飛びものポジションへ移動しました。
とても明るく感じたので、期待が高まります。

いきなり来てくれたのですが、予定の位置より近過ぎ!
F8,ISO800,SS1/1000では止まりませんでした。
飛び込んだ後も、近すぎてまったく追えず。
ざんねーん。この距離で綺麗に止められたらいい写真になるのになぁ。
a0203733_21284751.jpg


ということで、F8,ISO1000,SS1/2000,1段アンダー気味にセットしなおして待っていますと、
今度は少し遠いところに飛び込んでくれました。
何か捕れたかな?
a0203733_21301615.jpg

なかなか大きな魚を捕まえたようです。
a0203733_21303857.jpg

どちらかというとこっちに向かってきてほしいのですが。
a0203733_21311411.jpg

獲物を咥えたまま、100m以上彼方まで飛んで行ってしまいました。
魚がくねくね暴れてますが、ふらつかずによく飛べるものです。
a0203733_21314366.jpg

a0203733_21332211.jpg

で、DPPで現像するときに1段持ち上げて、シャープネスを標準の4から6に上げて、PSは風景で、
下の4枚は少しトリミングしてあるわけですが、なんだかなぁ、あんまり綺麗じゃないんだよなぁ。
ISO1000で、かつ、現像時に1段補正するとこんなもんなんでしょうけど、
F4が使えるレンズだったら、同じ光量で小細工なしにISO500,SS1/2000で撮れるんだよなぁ。
などと考えさせるように、キャノン純正のレンズラインナップは巧みに仕組まれているような気がする。
(9/18追記:気合を入れて(笑)、現像しなおしてみたものに写真を差し替えました。
気合は、現像時じゃなくて、撮影時に入れるべきでしょ、と自問自答してみる。
現像による違いは下記のMoreからどうぞ)

気合の現像前後
by higesuzume | 2012-09-17 21:35 | カワセミ