人気ブログランキング |

ひげすずめのときどき日記

higesuzume.exblog.jp

タグ:乗鞍岳 ( 4 ) タグの人気記事

乗鞍でスキー

6月8、9日と乗鞍に行ってきました。
去年に比べると2週遅れでの乗鞍行きです。
メンバーはキング川上氏とM師匠、S君の3名。
去年は三本滝に車を置きましたが、今回は観光センターの大きな駐車場に駐車して、
7時半の始発バスで肩ノ小屋口までバスで直行。
途中、位ヶ原山荘で滑走に不要な荷物はデポして、8時15分に肩ノ小屋口着。
a0203733_17471047.jpg

肩ノ小屋口で用を足したりして、のんびりしてからシール登行で、剣ヶ峰直下、朝日岳との間のコルに到着。
a0203733_17472991.jpg

ペース配分、時間管理はキング氏に任せっきりで、時計を見ることもなく何時かわからないけど、
とりあえず滑走前の早めの昼食。
キング氏がバゲットサンドを作ってくれました。
で、なぜか接写してみるひげすずめ。標高2,900mでの太陽光の元綺麗に取れました。
お味はもちろんばっちりです。
a0203733_17474343.jpg

登ってきた斜面を滑り降りて、途中から左方肩ノ小屋向きにトラバース、肩ノ小屋へ通じる砂利道を歩いて
肩ノ小屋口を真東に見るあたりに到着。
ここから滑降。
a0203733_17475152.jpg

肩の小屋口からは、アルペンルートを徒歩で登って位ヶ原山荘の真西あたりから山荘まで滑降。
登りでしんどそうだったS君、小屋でビール飲んだだけで速攻元気復活。
若いってことは素晴らしいですね。(背景は滑ってきた斜面)
a0203733_1748472.jpg

2日目はアルペンルートを徒歩で登行、途中からシール登行に切り替えて、肩ノ小屋口まで1時間弱。
景色が素晴らしかったです。
a0203733_17481281.jpg

北アルプスも綺麗に見えました。
a0203733_17482978.jpg

肩ノ小屋口からは真西に登って肩ノ小屋に到着。
登ってくるのはM師匠。
滑走用具を持たずに残雪歩きを楽しむ登山の方々も多く見られました。
a0203733_17483920.jpg

今は使われていないコロナ観測所。
うーん、もっと広角なレンズが欲しいと思ってしまいます。
a0203733_17485757.jpg

肩ノ小屋の裏に滑り下りて、というかシール付けたままなのでとても滑りにくいのですが、
里見岳を見上げる五ノ池に到着。
ここからチョコと尖って見える里見岳に右側から少し巻きながらほぼ直登します。
荷物はデポして身軽にして、ほんの10分強で登頂できました。
a0203733_1749830.jpg

下から尖って見えるところからほんの少し登ったところが里見岳のピークで、そこから見た北アルプス。
錫杖、笠、弓折、槍、焼、奥穂、、、うーん前穂が入らない。やっぱりもっと広角を..
a0203733_17492596.jpg

滑走写真が全然無いので、里見岳からはひげすずめが一番に滑り終えて、M師匠を撮影。
a0203733_17495933.jpg

S君。
a0203733_17494222.jpg

唯一テレマークビンディングのキング川上氏。
雨と雪解け水が作った縦溝が結構手強いです。
a0203733_17501137.jpg

肩ノ小屋への帰路、近くに居たイワヒバリ。
a0203733_17502767.jpg

肩ノ小屋からは、砂利道を少し登った地点から肩ノ小屋口まで滑降、アルペンルートを登って、
位ヶ原を滑って山荘に戻りました。
隣のテーブルに居た御嬢さん、芯抜きトイレットペーパーに紐を通したものを持って見えました。
こうすると使用時に両手が使えて便利だとか。
いろいろ工夫できるもんですね。
a0203733_17504116.jpg

S君、ずっと運転してくれてありがとう。
M師匠、いつもおいしいワインとアテをありがとうございます。
キング川上さん、いつもありがとうございます。
by higesuzume | 2013-06-09 17:46 |

乗鞍で春スキー

5/26・27と残雪の乗鞍に行ってきました。
キング川上氏と、M師匠、愛知からおかちゃん、ひげすずめの4人。
ひげすずめはM師匠から、ディアミール付きのVectorとクライミングシートをお借りしての参加。
他の3名は、皆テレマークビンディング付きのアルペン板と兼用靴+クライミングシート。
ひげすずめは、登りは不利で下りは有利な道具ということですね。

■1日目
10:00くらいに標高約2400mの位ヶ原山荘脇から斜面にとっついて、シール登高開始。
a0203733_12153263.jpg

登って(写真はM師匠ですが、雪が白飛びしちゃってますね)、
a0203733_12154145.jpg

ひたすら登って(写真はM師匠)、
a0203733_1216511.jpg

3時間ちょっとで、標高3026mの剣ヶ峰山頂着。
2700mくらいから上は、ウィンドブレーカーが無いと寒いくらいの気温でした。
a0203733_12162296.jpg

a0203733_12163621.jpg

滑走写真を撮る間もなく、あっという間に滑り終えて、
位ヶ原山荘に戻って、あービールが最高に旨い!
a0203733_12164292.jpg

夜は4人でしこたま飲んで、山とスキー談義して、21:00就寝。

■2日目
途中までは観光道路歩き。
除雪はされてバスも登って来ますが、まだまだ10m近い雪の壁にびっくり。
a0203733_121715.jpg

兼用靴で軽快に歩く、キング川上、おかちゃん、M師匠。
a0203733_12171525.jpg

途中からはやっぱりシール登高で、1日目よりも南寄りの斜面に登って、
a0203733_1217297.jpg

写真左上の岩が出ている部分くらいまで頑張って、
a0203733_121738100.jpg

滑っているところはおかちゃんに撮って貰いました。
おかちゃん、ありがとう。
a0203733_12182260.jpg

完全にアルペン滑りのひげすずめ。
a0203733_12183392.jpg

by HigeSuzume | 2012-05-27 23:13 |

ムシカリ撮れました

3/17から4連休に出来たので、少しのんびりしようとカメラも持って、いつもの
朴の木平スキー場に行きました。

●17日は生憎の大雨。
気合いの入っているスキー○○なお友達たちは雨合羽着て滑りますが、ひげすずめは
一日中ロッジでお喋り。
しかし一日中スキーの話ばかりしていられるひげすずめも、スキー馬鹿中級くらいか?
平湯温泉でも行けばいいのに..
温泉はシーズン券を持っている宿儺の湯でいいんです。
お喋り相手が居なかったら平湯に行ったと思うけど。

●18日は曇りがち・夕方は雨
この日は気温も上がらずハードパックのまま一日中たっぷりスキーできました。
センタースポーツの試乗会にて、来期用の大回り用の板を物色しましたが、
HEAD RD178cm23mにするか183cm25.4mにするかで大悩み。
試乗できたのは後者のみですが、朴の木の斜面だと前者がいいかなぁ?
同じ値段なら少しでも長い方がお買い得!っていうものでもなく今も悩み中。

●19日は晴れ!
朝一はほとんどお客さんが居ませんでした。
ゲレンデはハードパックの上に少しだけ新雪が乗っています。
こんな日はゲレンデに落書きして遊ばないとね。
さっさとリフトで上がって一気に小回りでクネクネ描いて、カメラを取ってきてパチッと。
a0203733_12392090.jpg

モノクロで現像してみました。
ひげすずめの描いたクネクネの横では、上手なお兄さんが巨大なひとりエイトを作成中。

ひととおり滑ってから、ゲレンデ内にあると聞いていたムシカリの木を探しにうろうろ。
かわいい芽を見つけて撮りたいのです。
20分程で発見できたのでカメラを取りに戻って撮影。
a0203733_1240072.jpg

裏から見ても、同じ形。
a0203733_12401218.jpg

女の子が万歳しているみたいな形でかわいいです。

丸い花芽が付いた芽はこの木には一つしかなく、他は全部下の写真みたいな形。
こちらは、どう見ても男の子っぽい。
a0203733_12404879.jpg


久しぶりに山頂まで歩いて登って景色を堪能。
ゆるやまさんは、次はどこの斜面を攻略するか物色中でしょうか。
右奥には焼岳が見えました。
a0203733_12412648.jpg

青垂の滝は氷が大部分崩落して、かといって水が流れている訳でもなく、中途半端な
状態でした。
a0203733_12415027.jpg

その左手に見える2月には氷結していた滝(名前を知らない)は、すっかり溶けて、
既に豊富な雪解け水が流れていましたが、手前の山が邪魔で下までは見えませんね。
a0203733_12422610.jpg


山頂にある立ち枯れていると思われる木の幹に着いた苔。
ひげすずめはなぜか苔好き。
a0203733_12425992.jpg

でも詳しくはないのでひょっとしたらシダの仲間かも、と思いつつ調べもしないひげすずめ。

乗鞍はまだまだ厳冬期の様相でした。
山も綺麗ですが、樹林帯の雪と氷を纏った木々の景色も好きです。
a0203733_1243212.jpg

一通り写真を撮った後はリフトが止まるまで滑りました。
ゆるやまさんは翌日は長野で入山だそうで、安房峠を越えて移動とのこと。
最近めきめきとスキーの脚前を上げているWさんと、またまたスキー談義しながら夕食。

●20日も晴れ!
朝民宿を出発前に、朝日を浴びながら気持ちよさそうに囀るホオジロを発見。
部屋から窓を開ける事も無く、手持ちで横着に撮影。
の割には綺麗な色で撮れたので載せておこう。
遠いし、解像してないど。
a0203733_12435028.jpg

半日みっちり、整地とコブ斜で小回りばっかりして帰ることにしましたが、ちょっとだけ
宮川に寄ってみることにしました。
もちろん、カワセミちゃんに会うために。
直ぐに会えましたが、もう少し渓流の宝石っぽい写真が撮れる位置にとまってほしい
ものであります。
a0203733_12444397.jpg

どこにとまろが俺の勝手じゃ!という目で睨まれているような...
by higesuzume | 2012-03-20 12:37 |

乗鞍とスキーとカワセミと

先週末の日記をアップします。
修理完了の車を受け取りに行って、友人H氏親子とスキーと風景撮影を楽しみ、
ついでにカワセミ撮影と、結構忙しく動きました。

7日は、車の修理完了予定が夕方なのですが、朝から高速バスで高山に向かい、
3時間程待ち時間がありましたので、高山市内観光を楽しみました。
残念ながらカメラは修理中の車中に置き去りなので、写真はなし。
観光といっても、何故か川辺ばかり凝視しておりまして、古い街並みとかの
観光名所の記憶は一切なし。
車を引き取り後、山に向かい、夕食はいつもの喫茶店で。
あてに蜂の子を頂き、珍しいので写真を撮ったのですが、写真を見ても旨そうに
見えないので非掲載。
炒り地蜂で実際のお味は薄味の味付けでとても旨かったです。

8日は関西の地元から、山とスキーと写真の大先輩H氏と息子さんが、ほおのき平
スキー場に来られたので、一緒に滑ることにしました。
H氏はカメラを持ってきているということなので、眺望の良い山頂迄案内することに。
ほおのき平スキー場のトップはリフトだけでは行けず、10分程度のハイクアップに
なるわけですが、景色を観るためだけでも行く価値ありですね。
ハイクアップの道はピステンで踏んでくれてあるのでラッセルする必要もなく楽ちんだし。
H氏を頂上に残して、Hジュニア君と私は青垂コースのナチュラル急斜面の
滑走を楽しみました。

昼食後、青空が広がり始めたので、私もカワセミ撮影用の機材を車から取ってきて、再び山頂に。
カワセミ用なので広角側はありません。

まず、笠ヶ岳。
ほおのき平からは、頂上に登らないと見えないのではないかと思います。
a0203733_20222988.jpg


乗鞍の峰々。
手前に青垂の氷瀑が見えます。
a0203733_20214081.jpg


その左手の峰々。
画面下に清流国体に合わせてリニューアルされた大回転競技のスタート小屋と
リフト降り場が写り込みました。
a0203733_202184.jpg

青垂の滝のアップ。
しっかり氷結していますがもう少し大きくなると思うので、また天気の良い日に
見に来て見ましょう。
a0203733_20203684.jpg

乗鞍方向を少し引いた位置から。
この木には、多分エナガが来てましたが、逆光でシルエットしか見えず、自信なし。
a0203733_20193141.jpg


しばし景色を堪能した後は、愛知から来られている同じスキークラブのH氏家族や、
K女氏、S女氏、朴の木平SS副校長の娘さん達とも滑走を楽しみましたが、
こどもは元気ですねぇ、とつくづく感じてしまう、体力低下傾向のひげすずめ。

夕方になっても晴れてましたので、夕映えを期待して三たび山頂にH氏と行ってみました。
平湯温泉、安房峠へと続く国道158号線の標識が夕日を反射して光っていました。
ひげすずめは、道のある景色が結構好きだったりします。
a0203733_20185215.jpg


鞍部のアップ。
少し色付いてきました。
a0203733_20181479.jpg


16時30分位の景色。
パトロールの方が下山を指示しに来られましたので、日没時刻迄は粘れませんでした。
写真は露出アンダー気味にして雰囲気出してます。
a0203733_20173424.jpg

まあまあ、見た感じの色合いに撮れたかな。
a0203733_20165877.jpg


9日は、リフト始発から11時過ぎまで滑って帰路に付きましたが、前日に朴の木平SSの
インストラクター、スクールねぇねぇに伺ったカワセミ目撃場所に立ち寄ってみました。
a0203733_20161571.jpg

少し距離があるので、河原に降りて近付くと、余計に見えない!
a0203733_20153635.jpg

雪原に登って近付けましたが、逃げられました。
a0203733_20145825.jpg

今度時間のあるときに、また来てみたいと思います。
念願の雪カワセミでしたが、雪を写すのは難しいなぁ。
露出が大暴れしますね。
by higesuzume | 2012-01-10 22:24 |