人気ブログランキング |

ひげすずめのときどき日記

higesuzume.exblog.jp

タグ:動物 ( 5 ) タグの人気記事

こんな撮影者には......

数年前から通い、カワセミを撮影している公園の話である。
公園の内には小さな人工池があり、その側らを流れる小さな川は生物の生態に配慮した護岸が施されている。
カワセミの摂食、求愛、給餌、子育て、縄張り争いと様々な生態を間近で観察することができる貴重な場所で、
気軽に足を運べるカワセミ撮影場所の中ではもっとも気に入っている。

僻地ではないので周りには住宅もあり、犬を散歩させる人や、花や昆虫を撮影される方や、ボール遊びをする
子供や外勤の合間に休憩する大人や、釣りを楽しむ方ももちろん居る。
そんな環境の中で、尋常ではないごつさの三脚に超望遠レンズ装着の黒いカメラを担いだ撮影者は、周りから
見ると怪訝に思われるに違いない、場合によっては不審者である。

でも、住民から川に降りるための私物の梯子の通行を勧めていただいたり、畑で収穫したばかりの野菜を撮影
中に差し入れしていただいたり、私のブログを見ながら家の前で暮らすカワセミの話を孫にすることができたと
お礼の言葉をいただいたり、嬉しいことには事欠かない。
何年もの間、公園を楽しむ周りの方々や住民と親交し、道で住民にお会いすれば挨拶もかかさず、風景の中での
自分の異物感を払拭するための行いをしてきたつもりなので、その報いととても有難く感じている。
そんなことは山や田舎に行けば普通のことではあるが。

今年の春の繁殖期くらいから、この公園への足が遠のいている。
理由のひとつはカワセミ撮影者が増え、池の畔で砲列を成しているという話を聞いたからである。
公園の利用は自由であるし、良い撮影場所に人が集まるのは仕方がないことなので、文句を言う筋合いは無い。
ただ、個人的にあの小さな公園の中での砲列に加わりたくはないし、私の撮影地点が砲列を成す人たちから
みると、まるでカワセミ飛来を妨げているように見える場所だから少し身を引いている、という感じである。

ただ困った事に、人が増えると中には気に食わない者も紛れ込む。
糾弾するつもりはなく、この池で何年も前から撮影している穏やかな者達とは考えが全く合わないだけである。
カワセミを撮っている画角中に、他の被写体の撮影を楽しんでる人がいるからといって、そこをどけと要求する
人は、かつてこの公園には居なかった。
子供が声を上げて遊んでいると、カワセミが逃げたり来なかったりする事もあるだろう。
でもそんな子供たちを追い払う人は、かつてこの公園には居なかった。
カワセミの留まる枝は決まっていて、手前の枝葉が被ってどうしても撮影アングルが得られない場合がある。
だからといって、市の管理所有物である植栽の枝を勝手に伐採する人は、かつてこの公園には居なかった。
カワセミの飛び込みや離水の水絡みシーンが上手に撮れたとき、撮影者の喜びはひとしおである。
だからといって、撮影者の都合で飛び出し用の杭を勝手に設置する人は、かつてこの公園には居なかった。

わたしは、こんな撮影者にはなれない。

わたしには、同じような思いを持つ撮影仲間や、撮影なんかしないけど鳥や花を観察するだけの友や、拙作を
批評してくれる方たちや、半不審行動を許し暖かく接してくれる住民たちも、とても大切な存在である。
さて、公園で邪魔な人を追い払い、木を伐り、杭を打つ撮影者にとって大切なものはなんなのだろうか?


a0203733_2072692.jpg
(ヒヨドリの空中補虫ホバリング・公園にて)
by higesuzume | 2013-09-24 20:08 | ふらり風景

ちびちゃん達

カワセミチビちゃんを撮りに行きましたが撮れたのは、
誰だこいつは?とりあえずは翅がないのでチビちゃんと、
a0203733_22151634.jpg


騒々しいヒヨチビ
a0203733_22153924.jpg
a0203733_2216416.jpg


1枚目の子は誰でしょう?ウマオイ?
by HigeSuzume | 2013-07-07 22:20 | ふらり風景

トトロ発見

ほおのき平スキー場に向かう道中で、トトロ(多分トトロだと思うが亜種かも)に偶然遭遇した。
咄嗟にカメラを取り出し、逃げられないように500mmの超望遠で遠くから撮影したのだが...
トトロが生息する秘境のはずなのだが、背景がどうも鬱陶しい。
トトロ撮影にも浅い被写界深度を使えるヨンニッパが必要なのか...
a0203733_2236563.jpg

(R41飛騨宮田駅の少し南にて)
by HigeSuzume | 2013-02-01 22:38 | 珍百景

久々に更新

スキーシーズンが始まると、滑るのに忙しくて、なかなか更新できません。
写真もあまり撮ってませんが、毎日庭にやってくるヒヨちゃんでも。
ヒヨちゃんは、騒々しい鳴き声と、いつも喧嘩ばかりしている様子から、
あまり撮る気にならないのですが、結構可愛らしく撮れたのでアップ。
a0203733_1545047.jpg

1/28に朴の木平スキー場で、彩雲が見られたのでコンデジで撮ったのもついでにアップ。
淡い色の彩雲なので、私のノートPCの画面だと色が見えません。
現像時に使っているナナオのモニターだと色が見えます。
さすがナナオ。
a0203733_15451681.jpg

1/27は朴の木平から早朝に白馬に移動して八方尾根スキー場で滑って、
また夕方に朴の木平に戻ってきたのですが、帰路の平湯温泉スキー場前の、
あんき屋で食べた、あんき屋鉄板焼肉定食 1200円
a0203733_1611798.jpg

鉄板焼肉定食は美味しいですし野菜たっぷりが嬉しいです。
ゲレンデ近くの食堂のメニューって野菜不足がちな感じですからね。

今シーズンは結構雪が降るのでゲレンデは柔らかい事が多いですね。
硬いところも滑りたくなってきました。

よし、1月は1回更新したぞっと。
by HigeSuzume | 2013-01-29 16:13 | 動物

霊長類研究所

10月30日、犬山にある京都大学霊長類研究所の公開講義に参加してきました。
講義と質疑応答、および、施設の見学といった内容でした。

見学では、他の参加者の迷惑にならないように留意すれば写真撮影は
構わないとの事だったので、サルを撮ってみました。
私、サルって動物が苦手なんですよね。
なんか、キーキーとヒステリックなイメージがあって。
知能も高いところがなんか小賢しく感じて敵意を抱いてしまいます。
まあ、それは置いといて、人もサルも子供に接する母の表情は優しいですね。
a0203733_20423023.jpg

と思っていたら、こちらを威嚇してきました。
こんな表情でキーッて鳴くのが嫌いだっちゅーの!
酔った勢いで変な因縁付けてくるバカオヤジの表情みたいで嫌なんです。
顔、赤いし。
a0203733_20421857.jpg

飛び物は被写体がサルであってもやはり撮れません。
これはサルに罪は無く、一方的に私が下手なんですね。
a0203733_204258.jpg

研究所の上層階からの犬山市の眺め。
天気は雨がぱらついていましたが、10月末にしては暖かかったかな。
a0203733_20424374.jpg

こちらは6頭居るチンパンジーの1頭で、それぞれ名前が付いているそうです。
各個体の名前を紹介して頂きましたが、伺った尻から忘れました。
私にはどれがどの子か見分けが付かないし。
でも、カワセミの個体を識別するよりは簡単か。
a0203733_20425999.jpg

私、サルは嫌いでもチンパンジーは平気です。
何故でしょう?
人間がアンドロイドに接したときに抱く感情に「不気味の谷現象」というのがありますね。
アンドロイドの出来が、どう見ても人間に見えなければ何とも感じないけれど、
かなり人間に近くなってくると、不気味な不快感を感じでしまう。
けれども、ものすごく精巧で人間と見紛うばかりの出来だと不気味に感じない、
つまり、アンドロイドに対する好感度が、精巧度を横軸にとって微妙に人とは違う辺りで
V字谷状に低下するというものですね。
もしかすると、私は私と少し違うサルには不快感を感じるけど、チンパンジーだと私とほぼ同じ
なので不快に感じないということでしょうか?
つまり、私はサルとは微妙に違うが、チンパンジーとほぼ同等なのか?

順序が逆になりますが、施設見学の前にあった講義の方は遺伝に関するものでした。
内容はネタばれになるので書きませんが、理系の私には少し平易すぎる内容でした。
しかし、話の進め方は論理的で気持ち良く、かつ、参加者の興味を上手に引き出して
いましたし、更に、投影する資料の出来も上等でした。
霊長類研究所は別にサルの研究をしているわけではなく、
「霊長類に関する研究を総合的に推進し、人間の本性とその進化的基盤を明らかに
することを目指しています。」(頂いたパンフレットの表示から引用)
講義の内容は分子レベルから遺伝(や変異や進化)とはどういう事なのかを、
参加者を被験者とした人体実験を交えて(と書くとなんか怖そう)分かりやすく解説する
内容で、中高生くらいだと勉強にもなるものでしたし、同研究所の研究内容の
さわりを紹介するにはとても適切に感じました。
毎年講義のテーマが変わるのであれば、来年も行ってみたいと思いました。

講義の資料中に、人間の目の視細胞の数は約400万個と記載がありました。
ふーん、人間の目のリゾリューションは4Mピクセルなんですね!なんて思って
しまいましたが、もちろん視細胞一つ一つが撮像素子の一つ一つに対応した構造で
視覚認知しているわけではないでしょうね。
by higesuzume | 2011-10-30 20:40 | ふらり風景