ひげすずめのときどき日記

higesuzume.exblog.jp

タグ:EOS 50D ( 45 ) タグの人気記事

大台ケ原

今年はなぜだか周りで大台ケ原の話題が多いのですが、私は一度も行けませんでした。
紅葉ピークの頃に天候が悪くて、比較的すぐに行ける奈良県民としては、また来年のシーズンに
行けばいいやって思ってしまうんですね。
思い返すとブログを始める前の2010年の10月11日と17日に行ったきり3年も足が遠ざかっております。
今年の写真ではなく、3年前に行った時の写真達。
今出しとかないと、また来年ってなりそうなので。

やっぱり以前からこういう陰鬱な感じの物が好きだったんですね。
a0203733_13411082.jpg

紅葉のシーズンに行ったので、もちろん生きている木も撮りました。
CPLフィルター効かせすぎ?
a0203733_13413835.jpg

鹿の背が届く高さには枝葉が無いのは奈良公園と同じ。
a0203733_13415933.jpg

立ち枯れたトウヒがある景色が、誰もが思い浮かべる現在の大台ケ原の姿でしょうか。
a0203733_15365223.jpg

上品な赤に染まった○○○。 木の名前を知りません、ツツジの一種?
a0203733_13424457.jpg

幹と枝の形が素敵です。
a0203733_13431166.jpg

大蛇嵓へ向かう途中右手に見える蒸篭嵓。
a0203733_13433283.jpg

大蛇嵓の先っぽから見た不動返し嵓、この年の紅葉はそこそこ良かったように覚えています。
a0203733_1343498.jpg

シオカラ谷から駐車場に向かう階段の脇にあったスギゴケ。
やっぱり苔が好き。
a0203733_1344335.jpg


と、3年前の写真を見直してみても、現在に至るまで風景の撮り方は進歩していないように思える。
この時はJPEG撮って出しで、今はRAWで撮って多少見たときの印象に近づけるべく調整したりするけど。
やっぱり、何にレンズ向けるかって、その人の好みの現れなので、どこ行っても同じようなものばかり
撮ってしまうんですね。

こういう空間周波数が高い絵をUPLOADしようとすると、exblogの500KB縛りはきついですね。
by HigeSuzume | 2013-10-30 13:00 |

久々に奈良公園

奈良に用事があったので午後から出掛けてきました。
少し待ち時間があったので、興福寺の辺りをカメラ片手にうろついてみました。
平日ですが飛び石連休の狭間なので、比較的観光客が多かったですね。
a0203733_16291135.jpg

すっきり晴れた日に出歩くのが久々な感じがしました。
週末の度に天気が悪かったので。
それにしても11月とは思えない暖かさです。
a0203733_16295871.jpg
時々カワセミが目撃されるらしい、猿沢池にも行ってみました。
昼間で人も多いので居るわけないと思っていましたが、やはり居ません。
池の景色を少し撮って、用事の続きを片付けに戻りました。
a0203733_16292312.jpg

a0203733_16293671.jpg

帰宅すると16時前で、いつもの池に行くには遅すぎます。
そこで近くのM池に行ってみたところ、カワセミがすぐに来てくれました。
かなり遠いので、初めからトリミングするつもりでミラーアップして撮影しました。
ミラーアップしないと、レリーズケーブルでシャッター切ってもミラーショックで
ブレてしまうのが、今の機材に関する一つの大きな悩みです。
ミラーアップした時点で、その後の鳥の動きには追従できなくなってしまいますので、
やはりファインダーを覗いて撮りたいです。
a0203733_16294645.jpg

空が綺麗でしたので、そこに浮ぶ月を撮ってみました。
月に向って中央1点測光で、さらに2/3段アンダーの設定で撮りましたので、
空の色がやけに綺麗に出ました。実際はこんなに深い青ではなかったです。
a0203733_16301648.jpg


M池に居られた鳥撮り先輩が7Dを購入されたそうで、50Dのミラーショックに
よるブレに辟易していたひげすずめも7D導入の決心をその場で固めてしまいました。
50Dに比べてミラーショックが軽いのかどうか、使っている足回りとの相性も
あるでしょうから判然としませんが、多くの方が鳥撮りに使っているボディですし、
何より最近は値段がこなれて買いやすくなっていますし、7DmkⅡの登場も
気になりますが、1Dxが高感度ノイズ特性が大きく改善されたからといって、
7DmkⅡのAPS-Cセンサーでも大きく改善されるとは限らないし、連射性能や
AF性能が上がって登場したとしても、ひげすずめの暗いレンズでは恩恵あるか
どうか分からないし、Zingbayさんの愛機7Dはまだまだ私のところに払い下げ
られそうにないし、7DmkⅡが凄く良い機体だとしてもどうせ値段が下がってくる
までは買わないだろうし、等とぐちゃぐちゃ考えるのは、まとまった金額のお買い物
するときのただの言い訳なわけで、
決心がブレないうちに即カメラのキタムラさんに行って買ってしまいました。
by higesuzume | 2011-11-04 17:32 | ふらり風景

手持ちでぶらぶら2

11月3日、少し曇りがちですが、再び手持ちでぶらぶらしてみました。
池の状態は相変わらずなので、川を中心にカワセミ追っかけです。
結構近寄らせてくれました。
50D(APS-C)+500mm画角でトリミング無しでこれくらいに写る距離。
後から池に寄られた☆☆K's fun♪☆☆のkatsuさんにモニター画面で
見ていただいたら、綺麗な色で撮れてるね、と誉めてくださいました。
素直に嬉しいひげすずめ。
a0203733_2053959.jpg

これぐらい近いとトリミングすると睫毛も解像してるかな?とdot by dotにしてみると、
うーん、駄目ですね。
アンシャープマスクをガリガリにかけてみましたが、却って不自然な解像感になってしまいました。
流石に手持ちだと、SS1/160秒では奥行きピント方向も含めてブレを吸収しきれないようです。
他にも原因があるんですけど、それについては悩み中で、またの機会に書くとします。

拡大してみて思ったのですが、この子、カワ男君にそっくり。
もしかしてカワ男君本人(本鳥)?、帰ってきたのかな?
もしそうなら一大事、皆に知らせないと。
もう少し観察しないと同定する自信がないので、4日も時間が作れたらこの子を探して
撮ってみることにしましょう。
a0203733_20531967.jpg


渓流ではないその辺にどこにでも在る人の手が入った川なので、
こんなところにも留まります。
結構絵的に気に入りましたのでアップ。
a0203733_2054123.jpg


同じ川でも、このような石の上に留まってくれると、いかにも渓流を舞う
宝石っぽく見えますね。
全然舞ってませんが、そこは突っ込まないでください。
a0203733_20542664.jpg


これらの石も川に生物が住めるようにと、意図的に置かれているんですね。
a0203733_20543947.jpg


でも、次の写真みたいに、いかにもコンクリートな所に留まるよりはずっと良し。
この子は上の子とは違う個体ですが、川に2羽居ることに気付いてなくて翻弄されました。
西の方に飛んでいったな、と思った直後に東の方からツィー!と聞こえるものですから、
凄い動き方しとるなと驚いたのですが、2羽を交互に追っかけていたわけでした。
a0203733_20545162.jpg


あとは、なんだか秋らしさを感じるものを、川沿いで撮ってみました。
a0203733_20533779.jpg
a0203733_20535356.jpg
a0203733_2055446.jpg
a0203733_20551832.jpg

by HigeSuzume | 2011-11-03 20:51 | カワセミ

霊長類研究所

10月30日、犬山にある京都大学霊長類研究所の公開講義に参加してきました。
講義と質疑応答、および、施設の見学といった内容でした。

見学では、他の参加者の迷惑にならないように留意すれば写真撮影は
構わないとの事だったので、サルを撮ってみました。
私、サルって動物が苦手なんですよね。
なんか、キーキーとヒステリックなイメージがあって。
知能も高いところがなんか小賢しく感じて敵意を抱いてしまいます。
まあ、それは置いといて、人もサルも子供に接する母の表情は優しいですね。
a0203733_20423023.jpg

と思っていたら、こちらを威嚇してきました。
こんな表情でキーッて鳴くのが嫌いだっちゅーの!
酔った勢いで変な因縁付けてくるバカオヤジの表情みたいで嫌なんです。
顔、赤いし。
a0203733_20421857.jpg

飛び物は被写体がサルであってもやはり撮れません。
これはサルに罪は無く、一方的に私が下手なんですね。
a0203733_204258.jpg

研究所の上層階からの犬山市の眺め。
天気は雨がぱらついていましたが、10月末にしては暖かかったかな。
a0203733_20424374.jpg

こちらは6頭居るチンパンジーの1頭で、それぞれ名前が付いているそうです。
各個体の名前を紹介して頂きましたが、伺った尻から忘れました。
私にはどれがどの子か見分けが付かないし。
でも、カワセミの個体を識別するよりは簡単か。
a0203733_20425999.jpg

私、サルは嫌いでもチンパンジーは平気です。
何故でしょう?
人間がアンドロイドに接したときに抱く感情に「不気味の谷現象」というのがありますね。
アンドロイドの出来が、どう見ても人間に見えなければ何とも感じないけれど、
かなり人間に近くなってくると、不気味な不快感を感じでしまう。
けれども、ものすごく精巧で人間と見紛うばかりの出来だと不気味に感じない、
つまり、アンドロイドに対する好感度が、精巧度を横軸にとって微妙に人とは違う辺りで
V字谷状に低下するというものですね。
もしかすると、私は私と少し違うサルには不快感を感じるけど、チンパンジーだと私とほぼ同じ
なので不快に感じないということでしょうか?
つまり、私はサルとは微妙に違うが、チンパンジーとほぼ同等なのか?

順序が逆になりますが、施設見学の前にあった講義の方は遺伝に関するものでした。
内容はネタばれになるので書きませんが、理系の私には少し平易すぎる内容でした。
しかし、話の進め方は論理的で気持ち良く、かつ、参加者の興味を上手に引き出して
いましたし、更に、投影する資料の出来も上等でした。
霊長類研究所は別にサルの研究をしているわけではなく、
「霊長類に関する研究を総合的に推進し、人間の本性とその進化的基盤を明らかに
することを目指しています。」(頂いたパンフレットの表示から引用)
講義の内容は分子レベルから遺伝(や変異や進化)とはどういう事なのかを、
参加者を被験者とした人体実験を交えて(と書くとなんか怖そう)分かりやすく解説する
内容で、中高生くらいだと勉強にもなるものでしたし、同研究所の研究内容の
さわりを紹介するにはとても適切に感じました。
毎年講義のテーマが変わるのであれば、来年も行ってみたいと思いました。

講義の資料中に、人間の目の視細胞の数は約400万個と記載がありました。
ふーん、人間の目のリゾリューションは4Mピクセルなんですね!なんて思って
しまいましたが、もちろん視細胞一つ一つが撮像素子の一つ一つに対応した構造で
視覚認知しているわけではないでしょうね。
by higesuzume | 2011-10-30 20:40 | ふらり風景

手持ちでうろうろ

カワセミの小さい方の池の水面は相変わらず全く見えません。
大きい方の池もなんとなく透明度が悪く、見とおしが良くないです。
カモさんは平気なようですが。
a0203733_19292521.jpg

小さい方の池の木は綺麗な実をつけていたりして、この枝にカワセミが留まって
くれたらいいのになぁと思いますが、水も見えない池に用があるわけも無く、
全く来てはくれません。
a0203733_19305011.jpg


仕方ないので、重たい三脚は車に置いといて、手持ちで川の方へ探しに行ってみました。
こういうときはシグマのレンズの2Kgの軽さと比較的ちゃんと効く手ぶれ補正機能は助かります。
橋の上から、自転車に跨った方が川面を向いて何か探していました。
きっと、カワセミでしょう。その方は見付けられずに去って行きましたが、
岸に回り込んだら見付けられました。
橋脚から突き出た小さなボルトが丁度留まり心地よいみたいですね。
こんな所に居たら、橋の上からは見付けられませんね。
a0203733_19254811.jpg

すぐに飛んでしまいましたが、飛んだ方向に探しに行くと、いつもの堰のホバポイントに
居ました。どのカワセミもここは大好きなようです。
a0203733_1930724.jpg

次も同じ川のホバポイントより下流側の岸。飛んでも数10mくらいしか移動しませんでした。
a0203733_1926197.jpg

さらにホバポイントを越えて上流側の岸。
ここに留まるのを初めて見ましたが、ここは比較的近くから撮れるので、
私のお気に入りポイントになりそうです。
a0203733_19272266.jpg

後は、300m位の範囲で上流に行ったり下流に行ったりの繰り返しでした。
a0203733_1927402.jpg
a0203733_19275890.jpg
a0203733_19281594.jpg

次の一枚は最も上流側に行ったところ。ここには糞の跡が多量にありましたので、
頻度良く来るのかもしれません。
餌を撮れそうな淀みもあるので、ここも要チェックポイントにしましょう。
きっと魚を撮って、ここに運んで叩き付けているのではないかなぁ?と思います。
a0203733_19282770.jpg

しかし、背景が煩い場所ばかりですね。
背景がすっきり抜ける場所も探したいなぁなどと感じました。

大きな池では小さく白いサギがダンスをしてました。
a0203733_193395.jpga0203733_19332546.jpg
a0203733_19334080.jpga0203733_19335661.jpg
a0203733_19341211.jpga0203733_19344775.jpg

留まっている浮き?がくるくる回って、玉乗り状態になっていたんですね。
これは動画で撮りたかったです。
by HigeSuzume | 2011-10-29 20:23 | カワセミ

夕暮れ

25日は早く帰れたので、家の窓から夕暮れ空を撮ってみました。
秋の夕暮れは綺麗ですね。
もう少し急いで帰れば、もう少し綺麗な色で撮れたのですが。
a0203733_19193843.jpg

by HigeSuzume | 2011-10-25 19:18 | ふらり風景

修理完了

昨日の夕方SIGMA SIGMA APO 50-500mm F4.5-6.3 DG OS HSMの修理が終わり引取りに行ってきました。
修理伝票には、「AF作動調整」、「1群鏡室ユニット交換」、「各部点検」と
ありました。
引き取り時にキタムラ店内で動作確認し問題なさそうでしたので、
今日は早速カワセミのいる池に行ってみました。
早速といっても昼からですが。

大きい方の池でしばらく待ちましたが、近くを通過するだけで留まって
くれませんでしたので、隣の川へ移動しますと、2羽居ました。
a0203733_17385318.jpg

ここしばらくは、池とその周りは縄張り争いの戦場になっていましたので、
争っていない2羽を見るのは久しぶりです。
どうも、他所からやってきた夏生まれの幼鳥達のように見えます。
a0203733_17391265.jpg

ぐぐっとトリミングして拡大してみると、なんとなく胸や足の色から
幼い鳥であることがわかります。
って、露出足りなくて判りにくい写真ですね。
しばらくカワセミ撮影から遠ざかっていたせいか間違えて
JPEGでしか記録できていませんでしたので、このままアップ。
a0203733_1739431.jpg

まだ縄張りを主張するほど成長してないかもしれませんが、
この辺うろうろしてて、怖ーいソバカス姫にみつかったらいじめられますよ!
by higesuzume | 2011-10-23 18:02 | 機材

イケメンがぁ!

お盆休み以来会えなくなったカワ夫君、どこに行ってしまったのでしょう。
望遠レンズは修理から帰ってこない事だし、いつもの池に近い水系の川に
お散歩がてら探しに行ってみました。
万一見つかったら写真に収めたいので、タムロンのB008を付けた
カメラも持って2時間くらい探索してみましたが、カワ夫君どころか
他のカワセミにも会えませんでした。
会社の同僚からのカワセミ目撃情報もあった川なので少し期待したんですけどね。

全然カワセミを見れないのも寂しいので、やっぱりいつもの池にも
寄ってみましたが、池を見て唖然!
水草が覆い茂って水面が全く出ていません!
アオサギ君は水面に頭を突っ込んでエサを探せるのか、
いつもどおり居ましたが、これではカワセミは来ないかも。
a0203733_18582751.jpg


大きい池の方から派手に鳴いている声が聞こえたので様子を見に行くと、
ちゃんと居ました。カワ夫君ではないですが、カワセミに会えただけで満足。
フェンスの間から少しだけ撮ってみました。
カワセミに向ってシャッターを切れる幸せ。
a0203733_1858426.jpg


うーん、このイケメンはそのうちなんとかなるんでしょうかねぇ。
a0203733_18585894.jpg

by higesuzume | 2011-10-22 19:24 | カワセミ

稲刈り

せっかくの3連休ですが、望遠レンズ入院中でカワセミの池には行かず。
山に行けばさぞ素晴らしい景色だろうと思いつつも、さすがに自重して、
家の回りをうろうろしたり、友人とご飯食べたりして過ごしてしまいました。

稲刈りの季節なんですね。
家の前の田んぼでも8日、9日と収穫してました。
a0203733_1775076.jpg

家の南側が近所の方の田んぼなのですが、いろいろ良いことがありますね。
我が家の南側には建物が建たないので日当たりが失われないのが一番。
春から夏にかけては蛙の合唱も聞くことができます。

田んぼの向こう側は電車道なのですが、稲刈りが終わると、
電車の音が良く聞こえるようになってしまいます。
稲がある程度音を吸収していたのが刈り取られて無くなるからでしょう。
春の田植え前の水を張った状態の時が、電車の音は一番うるさいですね。

あれだけ鳴いていた蛙達は、稲刈り後はどこに行ってしまうのですかねぇ。
by higesuzume | 2011-10-10 17:06 | ふらり風景

レンズが壊れてしまいました

10月に入って急に涼しくなりましたね。
10/1の池は、穏やかな風がキンモクセイの香りを運んできて、呼吸するのも
気持ち良い、まさに撮影日和でした。
空気の揺らぎの影響が少なくなったせいか、15mくらい離れていてもそれなりに
写る感じです。
4月に産まれた雛鳥の色もずいぶんと綺麗になりました。
未だ雌雄が判然としませんが。
a0203733_124046100.jpg

水面も藻が少なくなって魚を獲りやすそうなんですが、水草の葉っぱを一緒に
咥えてしまったようです。
a0203733_1241345.jpg

飲み込みにくそうにしていましたが、
a0203733_12411761.jpg

案の定、落っことしてしまいました。
どこに落ちたのか探しています。
a0203733_12413867.jpg

落とした獲物を再度取りに行くところは今まで見たこと無かったのですが、
今回は再度飛び込んで回収しました。3秒ルール適用?
a0203733_12415183.jpg

Web上のどこかで、落とした獲物が動かない場合は回収しないけども、
まだ生きて動いている場合は回収する場合があるという情報を見掛けた記憶がありますが、
今回は動いていたんですかね。
a0203733_124267.jpg


前夜の酒席で、昆虫の脱皮談義をしていたのですが、他にもっと話すこと無いのか!というのは
置いといて、バッタの脱皮の写真を依頼されました。
前日はまさに脱皮中だったのですが、今日は殻が転がっていて殻の主が近くに居ました。
(バーバラさん、すみません。元の解像度でアップする方法がわかりません。
ピンは殻の方に合わせて撮りました。)
a0203733_12424047.jpg

池の近くの花壇はいつも綺麗に手入れされていて、蝶々が舞っています。
でも、舞っている写真はありません(泣)
a0203733_12431385.jpg

で、舞っている写真を撮ろうとしていると、突然AFが効かなくなりました。
去年の12月に鳥撮り用に購入したSIGMA 50-500mm F4.5-6.3 APO DG OSですが、
さっきまでは普通に動作してたんですけど、AFボタンを押してもピントリングの辺りでカラカラと
連続した小さな音がするだけで、サーチ駆動しません。
この状態で手動でピントリングを回してもフォーカスが移動しません。
すぐに購入したお店カメラのキタムラさんに持っていってメーカー送りになりました。
こんな時は近所のお店で購入しておいて良かったと感じます。
対応には2週間程度はかかるとの事。
季節が良くなってきただけに残念です。
近々子供の運動会で使うとかのイベント予定があるわけでもないので、
カワセミ撮影を我慢すれば済みますが、早く戻ってきて欲しいです。
by higesuzume | 2011-10-01 23:40 | 機材