ひげすずめのときどき日記

higesuzume.exblog.jp

タグ:SIGMA APO 50-500mm F4.5-6.3 DG ( 79 ) タグの人気記事

目玉が...(泣)

先月、五箇谷に紅葉と合掌造りの家屋を見に行った時に、SIGMAの望遠ズームを落下させてしまいました。
ベンチの座面の高さから、アスファルトの上にガシャ! ~(>_<。)ゝ

付けていたUVフィルターのフレームに傷が入ったけど、その後撮影出来ていたので気にしてなかった。
a0203733_2184146.jpg

先週は忙しかったんだけど、日曜日は時間ができたので久しぶりに撮影に行こうかと思って、
レンズを弄っていると、UVフィルターのフレームが歪んでレンズから外れないことに気付いた。
それで、レンズ本体もよくよく見てみると、前玉が... わ.れ.て.る(@□@;;)
a0203733_2116610.jpg

なんぼ、適当な私でも前玉破損状態で使い続けるのは嫌なので、夕方カメラ屋さんに修理に出しました。
そういえば、この前平城旧跡にススキ撮りに行った時も、なんかAF精度いまいちやなぁと感じていたので、
修理後のAF確認/調整時にボディとセットで追い込んでもらおうと、7Dもサービスセンターに同伴させる
ことにしました。

そういえば、フィルターが外れなくなるって事態は2回目で、前回は鏡平に行った時にPLフィルターがどうにも
こうにも外れなくなって、山小屋でパイプレンチを借りて、枠をひっつかんで外したことを思い出しました。
そんときは別に衝撃を与えたわけでもなく、気圧の関係かななどと考えていましたが、今回の原因は、
明らかに落下の衝撃でございます。

というわけで、手元にあるまともなカメラはE-PM2だけになりましたが、SIGMAの修理完了は年明けに
なるかもしれないと告げられ、結構ショック。
早く帰ってきてほしいなぁ。
(写真は携行品保険の請求に使うために撮った傷ついたSIGMA君です)
by higesuzume | 2013-12-09 21:49 | 機材

平城旧跡のすすき

昨日、近鉄線の窓から外を見ていて、平城旧跡のすすきが見頃であることに気付いたので、今日は昼過ぎから足を運んでみました。
a0203733_21215675.jpg


すすきって高さが2m以上あるので、平らな平城旧跡ではすすきを広範囲に見渡せる場所を探す必要がありました。
脚立を持っていけば良いのでしょうが、脚立が無ければ近鉄電車の車窓から見るのが一番なのかも。
身長が2m50cmくらいある方ならば、脚立なしでも大丈夫。
a0203733_21222237.jpg


視点の高い写真は全部、少し離れたところの土手から望遠で撮っています。
a0203733_21223722.jpg


陽の射し方や、見る方向によって、ずいぶんと色が違って見えます。
日暮れ前の夕日を浴びて色付くすすき。
a0203733_21225365.jpg


日没どきがやっぱり一番綺麗でしょうか。
a0203733_935556.jpg


E-PM2と、最近ちょっと考えさせられるMZD14-42でも撮影してみましたが、今日は特に不満なく写ったように思います。
というか、セットで格安入手できる(E-PM2単体よりもズームセットの方がむしろ安かったりするけど)レンズとしては法外に綺麗に映ると今日は感じました。
ここから下の2枚はE-PM2+MZD14-42。
a0203733_21233060.jpg

a0203733_21234514.jpg

どういうシーンが苦手なのか、もう少し考えてみます。
それが分かれば使い方次第で満足度を上げることができるかもと考える次第。
by higesuzume | 2013-11-24 22:10 | ふらり風景

上空11,000mから謎のメッセージ

上空11,000mを通過していくアシアナ航空のB747-400
a0203733_14223984.jpg

飛行機雲で謎のメッセージを残して行きました。
 Q C J X I 
a0203733_14231238.jpg

暗号のようですが解読前に青空に霧散し無くなりました。

子供の頃買ったスパイセットには、文字を書いても水に入れると溶けて無くなるメモ用紙が装備されて
いたのを思い出しました。
by HigeSuzume | 2013-11-18 14:30 | ふらり風景

冬の足音

11月14日朝の松ノ木峠PAにて。
a0203733_21444529.jpg

以前はタイヤチェーンの脱着場だったのが、昨冬は閉鎖されていました。
PAに改装されて春から供用されているようです。
日本で一番標高が高いPAだという事です。
a0203733_21491530.jpg

もう少し大きいサイズでアップしたいんですが、500KB縛りが..
ここを通ってどこに行ってたのかは明日にでもアップします。
by higesuzume | 2013-11-14 21:51 | ふらり風景

蹲踞にて(2)

a0203733_15183732.jpg
a0203733_15185966.jpg


蹲踞はシジュウカラ以外の野鳥にも人気の水浴びスポットのようです。
a0203733_1519321.jpg

ヤマガラはあまり人を気にしないのでもっと近くで撮ってみました。
a0203733_1520185.jpg

a0203733_15201828.jpg

a0203733_15205169.jpg


シジュウカラはヤマガラに比べると少し警戒心が強いようですが、近くに来てくれました。
a0203733_15211995.jpg


メジロはちょこまか動き回るので、思ったところにピントを合わせるのが難しくて連写するのみ。
a0203733_15214991.jpg

a0203733_15227100.jpg

a0203733_15221970.jpg


エナガはもう少し寒くなって膨らんでいる方が可愛いかな。
蹲踞にはこちらを警戒して来てくれませんでした。
a0203733_15251548.jpg


秋色現像のヤマガラ達は

こちらからどうぞ
by HigeSuzume | 2013-10-08 15:39 | 野鳥

こんな撮影者には......

数年前から通い、カワセミを撮影している公園の話である。
公園の内には小さな人工池があり、その側らを流れる小さな川は生物の生態に配慮した護岸が施されている。
カワセミの摂食、求愛、給餌、子育て、縄張り争いと様々な生態を間近で観察することができる貴重な場所で、
気軽に足を運べるカワセミ撮影場所の中ではもっとも気に入っている。

僻地ではないので周りには住宅もあり、犬を散歩させる人や、花や昆虫を撮影される方や、ボール遊びをする
子供や外勤の合間に休憩する大人や、釣りを楽しむ方ももちろん居る。
そんな環境の中で、尋常ではないごつさの三脚に超望遠レンズ装着の黒いカメラを担いだ撮影者は、周りから
見ると怪訝に思われるに違いない、場合によっては不審者である。

でも、住民から川に降りるための私物の梯子の通行を勧めていただいたり、畑で収穫したばかりの野菜を撮影
中に差し入れしていただいたり、私のブログを見ながら家の前で暮らすカワセミの話を孫にすることができたと
お礼の言葉をいただいたり、嬉しいことには事欠かない。
何年もの間、公園を楽しむ周りの方々や住民と親交し、道で住民にお会いすれば挨拶もかかさず、風景の中での
自分の異物感を払拭するための行いをしてきたつもりなので、その報いととても有難く感じている。
そんなことは山や田舎に行けば普通のことではあるが。

今年の春の繁殖期くらいから、この公園への足が遠のいている。
理由のひとつはカワセミ撮影者が増え、池の畔で砲列を成しているという話を聞いたからである。
公園の利用は自由であるし、良い撮影場所に人が集まるのは仕方がないことなので、文句を言う筋合いは無い。
ただ、個人的にあの小さな公園の中での砲列に加わりたくはないし、私の撮影地点が砲列を成す人たちから
みると、まるでカワセミ飛来を妨げているように見える場所だから少し身を引いている、という感じである。

ただ困った事に、人が増えると中には気に食わない者も紛れ込む。
糾弾するつもりはなく、この池で何年も前から撮影している穏やかな者達とは考えが全く合わないだけである。
カワセミを撮っている画角中に、他の被写体の撮影を楽しんでる人がいるからといって、そこをどけと要求する
人は、かつてこの公園には居なかった。
子供が声を上げて遊んでいると、カワセミが逃げたり来なかったりする事もあるだろう。
でもそんな子供たちを追い払う人は、かつてこの公園には居なかった。
カワセミの留まる枝は決まっていて、手前の枝葉が被ってどうしても撮影アングルが得られない場合がある。
だからといって、市の管理所有物である植栽の枝を勝手に伐採する人は、かつてこの公園には居なかった。
カワセミの飛び込みや離水の水絡みシーンが上手に撮れたとき、撮影者の喜びはひとしおである。
だからといって、撮影者の都合で飛び出し用の杭を勝手に設置する人は、かつてこの公園には居なかった。

わたしは、こんな撮影者にはなれない。

わたしには、同じような思いを持つ撮影仲間や、撮影なんかしないけど鳥や花を観察するだけの友や、拙作を
批評してくれる方たちや、半不審行動を許し暖かく接してくれる住民たちも、とても大切な存在である。
さて、公園で邪魔な人を追い払い、木を伐り、杭を打つ撮影者にとって大切なものはなんなのだろうか?


a0203733_2072692.jpg
(ヒヨドリの空中補虫ホバリング・公園にて)
by higesuzume | 2013-09-24 20:08 | ふらり風景

週末はカワセミ探し

カワセミ探し、というよりもカワセミ撮影に向いた場所探し。
カワセミ自体は、家の周りの池や川あちこちで見ることができるのですが、
撮影に向いた場所ってなかなか無いものですね。

こんな場所は浅瀬で程よい大きさの魚も居るのでカワセミ好みの場所に思えますが、
a0203733_16371114.jpg


魚捕ってはいけないようなので、カワセミは来ないのかもしれません。
a0203733_16372290.jpg


撮影場所まで車で行けて、カワセミの出が良くて、背景が綺麗で、近くにトイレがあって...
なんて場所はなかなか見つからないものです。

土曜日夕方の空がきれいでした。
E-PM2+14-42mm F3.5-5.6 ⅡR
a0203733_16373341.jpg



7D+SIGMA APO 50-500mm F4.5-6.3 DG OS HSM
a0203733_16374588.jpg

カワセミ撮影用に望遠レンズ持って行って、カワセミ撮れずに夕焼け撮るのは、
とても疲れた気分になります。
by higesuzume | 2013-07-21 23:35 | ふらり風景

ちびちゃん達

カワセミチビちゃんを撮りに行きましたが撮れたのは、
誰だこいつは?とりあえずは翅がないのでチビちゃんと、
a0203733_22151634.jpg


騒々しいヒヨチビ
a0203733_22153924.jpg
a0203733_2216416.jpg


1枚目の子は誰でしょう?ウマオイ?
by HigeSuzume | 2013-07-07 22:20 | ふらり風景

トトロ発見

ほおのき平スキー場に向かう道中で、トトロ(多分トトロだと思うが亜種かも)に偶然遭遇した。
咄嗟にカメラを取り出し、逃げられないように500mmの超望遠で遠くから撮影したのだが...
トトロが生息する秘境のはずなのだが、背景がどうも鬱陶しい。
トトロ撮影にも浅い被写界深度を使えるヨンニッパが必要なのか...
a0203733_2236563.jpg

(R41飛騨宮田駅の少し南にて)
by HigeSuzume | 2013-02-01 22:38 | 珍百景

今日は良い天気

最近では珍しく2日続けて撮影に行けました。
池面に反射した陽に照らされて、おなかの色も綺麗に撮れました。a0203733_1050207.jpg

a0203733_10502785.jpg

明るくてSSを上げれる状況だったので、動きのある撮影にもトライしてみましたが...
画面の隅に何とか写った離水シーン。
a0203733_10503929.jpg

水柱にはなぜかバチピン、でもカワセミちゃんはまだ水の中でうっすらと色が見えるだけ。
ここはグッとこらえて飛び出しを見極めればいいのですが、堪えられずに連射開始してしまう。
で、水面に上がってきた後はピンを後ろに抜いてしまうという、カワセミ撮影初心者から未だ卒業できず。
a0203733_10504846.jpg

川でのエビの捕獲。
器用に体ひねるもんですね。
a0203733_10505826.jpg

a0203733_10511014.jpg

たくさん食べて満足したのでしょうか、まったり中。
a0203733_10512371.jpg

前被りの枝を避けれる角度を探そうと、ひげすずめが近くでがさごそしたのを嫌がって少し場所を変えられてしまいましたが、そこでも腰をおろしてさらにまったり中。
日差しがあると羽の色が変化してとても綺麗ですね。
a0203733_10513565.jpg


上の4枚と下の4枚は違う子なんですが、行動範囲が相当かぶっているので喧嘩するかと思いきや、相互に無視しているようでした。
頻度良く池に来るのは上の子で、下の子は川でエビばかり捕っています。
両方とも寄らしてくれる距離感がだいぶと分かってきましたので、次はもう少し良い写真が撮れるかな?
by HigeSuzume | 2013-01-31 23:47 | カワセミ